Thermaltake Core W100のレビュー

Thermaltake Core W100のパッケージ

Thermaltake Core W100のレビューをします。

内部が広いPCケースが欲しい、大型ラジエーターを設置したいという方は要チェックです。

まずは、スペックの紹介から始めます。

モデルCore W100
型番CA-1F2-00F1WN-00
ケースタイプSuper Tower
寸法 (H x W x D)677 x 310 x 678 mm
実重量8.7 kg
ドライブベイ-Accessible
3 x 5.25’’
-Hidden
6 x 3.5’’ or 2.5’’ (HDD Cage)
4 x 3.5’’ or 2.5’’ (Behind the M/B tray)
拡張スロット10
マザーボードMini ITX,Micro ATX,ATX,E-ATX,XL-ATX

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

Thermaltake Core W100のレビュー

Thermaltake Core W100のパッケージ

パッケージサイズは、72.5 x 32.5 x 67cm。
25kgあるので2人で運ぶようにという注意図があります。

フルタワーケースのパッケージとしては、少し小さめです。

Thermaltake Core W100のパッケージを開けた様子

パッケージが小さい理由は、上記画像のように全てのパネル・部品がバラバラになっているから。

ケースとして使うには一から組み立てる必要があります。
わたしの場合、組み立て~ケース入れ替えで3~4時間かかりました。

付属品は、数えるのが嫌になるぐらい沢山あるので、紹介を割愛します。

Thermaltake Core W100にPCパーツを組み込んだ様子

E-ATXマザーボードを組み込んだ様子です。
内部がかなり広いことが分かります。

Thermaltake Core W100の裏面にドライブを設置した様子

裏面の様子です。
2.5 or 3.5インチドライブを設置できるので、表側のスペースを節約できます。

良いところ

剛性はまぁまぁ
以前、Thermaltake Core X9を買った時はペラいなと感じましたが、W100はハイエンド寄りの製品だけあってしっかりしています。

さすがにCOSMOS IIのサイドパネルほどの厚みはありませんが。
拡張性が高い
とにかく広いので、自由度が高いです。
何かをかざるも良し、水冷にするも良し。

Topは最大600mm、Frontは420mmのラジエーターを設置可能。
上部のラジエータースペースは、厚さ約13cmまで対応しています。
スタック(縦積み)できる
別売りのCore P100を購入してスタックすれば、さらに大きなケースとして使用できます。
裏配線に余裕がある
裏配線用のスペースは約6.5cmあります。
ドライブの冷却用にファンを設置することも可能です。

Thermaltake Core W100の裏配線スペース

残念なところ

ファンが一つも付いていない
ハイエンド製品だから、自分のお好きなファンをどうぞということなのでしょうが、せめて前後1つずつぐらい付属していればなと思います。

ファンへの出費は結構痛いです。
組みやすいとは言えない
W100は基本ネジ止めで、ワンタッチで固定するような機構はHDDケージぐらいしかないので、他のケースに比べると組み立てに時間がかかります。

そういう点から、頻繁にPC構成を変える人には向かないでしょう。
サイドパネル(アクリル)がそる
ケース内にHDDケージを設置し、サイドパネルを閉めようとしたところ、サイドパネルのアクリル部分がそってしまっていて、閉じることができませんでした。

仕方がないので、泣く泣くHDDケージを取り外し、元に戻しました。
設計が練られていない
ケース内に設置したHDDケージにケーブルを挿すのは、かなりツラいです。
また、後からHDDケージを設置する場合は、一度底面全体を外さなくてはなりません。

あると便利なもの

EPS12V 8pin 延長ケーブル
ケースの高さがかなりあるので、電源によってはケーブルが届かない場合があります。
ストレートのSATAケーブル
ケース裏面にドライブを固定する場合、ストレートのSATAケーブルが必須です。
コネクタに負荷がかかるので、L字を使うのはオススメしません
使いやすいプラスドライバー
ネジ止めする回数がとにかく多いので、自分にあったものを使わないと手が痛くなるのは必至。
わたしは、VESSEL ボールグリップドライバーを使いました。
ファンコントローラー
たくさんファンを取り付けようとすると、マザーボード上の端子だけでは足りなくなるので、ファンコントローラーがあると便利です。

思ったこととか

購入時の価格は42,098円とお高めでしたが、選んで良かったと感じています。

まぁ、選んだというよりは、E-ATXが入って、大型ラジエーターを設置できて、オープンの5インチベイも使えるという条件で絞ったら、W100しか選択肢がなかったという感じですね。

それでも、ケースの出来自体は良かったので、数年間は使っていけそうな気がします。
もしかしたら、もっと長い付き合いになるかもしれません。

ただ、上にも書いた通り、一から組み立てる必要があるので、それを自作PCの醍醐味として楽しめる人にしかオススメはしません。

出来合いのものを使うことに慣れている人がW100を買うと、ちょっとツラいでしょう。
最終目標にPCの水冷化とかがあれば、別ですが。

2016/11/28追記
拡張ユニットのレビューを書きました。
Thermaltake Core P100のレビュー

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。