Philips BDM4350UC/11で画面表示(ピクセル)が動く(ずれる)時の対処法

Philips BDM4350UC/11本体正面

Philips BDM4350UC/11で画面表示(ピクセル)が動く(ずれる)時の対処法を紹介します。

先に結論を言うと、この現象は不具合や故障ではありません

焼き付きを軽減する機能 Pixel Orbitingが働いているだけです。

設定を変更すれば、この動きを止めることはできます。
もちろん、焼き付きが起こる可能性は高まりますが。

スポンサーリンク

Philips BDM4350UC/11で画面表示(ピクセル)が動く(ずれる)時の対処法

1.OSDメニュー操作レバーを右に倒し、OSDメニューを表示させます。
※モニターの表側から見て右です。

2.画像>Pixel Orbiting>オンとなっているのをオフに変更します。

3.操作レバーを2回左に倒して、OSDメニューを非表示にすれば、作業は完了です。

思ったこととか

こういった動きをするモニター出会ったことがなかったので、最初に見た時は本当に驚きました。

その後、少しの間は戸惑いましたが、現在では慣れてしまい、「ちゃんと動いているな」ぐらいにしか感じません。

焼き付きを軽減するのがいいのか、焼き付いてもいいから動きを止めたいのかは、人それぞれでしょうから、好みに合わせて設定を行ってください。

Philips BDM4350UC/11の関連記事