Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYMのレビュー

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYMの両足を並べた様子

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYMのレビューをします。

わたしが購入した色は、カノピーグリーン/エレクトリックピーチ/アトミックレッド。
カレッジバーガンディー/ブルースポーツという色のモデルもあります。

amazonでの価格(購入時)は19,224円で、15%OFFクーポンを適用したので16,340円になりました。

スポンサーリンク

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYMのレビュー

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYMのパッケージ

シューズに比べると、箱は地味目です。

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYM右足外側の様子

右足外側の様子です。

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYM右足内側の様子

右足内側の様子です。

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYM右足を前側から見た様子

右足を前からみた様子です。

つま先から、少し明るいモスグリーン、暗めのモスグリーン、甲の部分がピーチに近いオレンジ、両サイドがオレンジ、ポンプ周りが赤系のオレンジという配色。

内側サイドの前方は、オレンジ→赤系のオレンジ→オレンジという風になっています。

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYM右足かかと側の様子

かかと側には、大きめのメーカーロゴマークがあります。
外側(右)の色はオレンジ、内側は赤系のオレンジという配色です。

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYM右足裏面(ソール)の様子

右足裏面の様子。
ソールは前側と後側に分かれていて、中間部分はくぼんでいます。

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYM右足インソール

インソールには派手目のロゴがあります。
履いているうちに消えてなくなりそうですが。

良いところ

クッションがかなりしっかりしている
クッション部分が厚めで、かなり衝撃を吸収してくれます。
足裏に疲れが溜まりやすい人にオススメです。
ポンプでフィット感を調整できる
好みに合わせて、ゆったり目にも、キツ目なフィット感にも調整が可能です。
靴の入り口は狭めで、ポンプが付いている辺りはホールド感がやや強く感じます。
靴紐がない
存在しないものは、当然ほどけません。
靴紐を結び直す手間がないのは非常に楽です。

残念なところ

縫製が荒いところがある
個体差なんでしょうが、新品を買ってこれだともやっとします。
下記画像を参照ください。

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYMの縫製が荒い部分1

2枚目の縫い目は、個人的には隠れてて欲しいです。

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYMの縫製が荒い部分2
雨の日は厳しいかも
内側も外側も、サイド部分には隙間(灰色が見えるところ)があります。
その為、雨の日に履くと、靴下がビショビショになるかもしれません。

Reebok CLASSIC INSTA PUMP FURY ASYM右足内側の隙間を写した様子
自転車には向かないかも
上の方で書きましたが、ソールが前後に分かれていて、中間は無い状態です。
その為、ペダルを土踏まずの辺りでこぐ癖がある人は、こぎにくいと思います。

サイズ感と重さについて

わたしは、通常スニーカーを買う場合26.5cmですが、同製品はやや小さいです。
長さはちょうどよいのですが、入り口が狭く、ホールド感が強いので、そう感じます。

ちなみに重さは、26.5cmで片足約350g。
軽量のランニングシューズなんかと比べると、かなり重めです。

ただ、強めのホールド感のおかげで、重いと感じることはありません。

思ったこととか

いつかはPUMP FURYを買いたいと思っていたので、その目標を叶えられて嬉しく思います。

また、想像以上にクッションの衝撃吸収力が良いので、かかとに疲労が溜まりやすいわたしにはピッタリでした。

このPUMP FURYはデザインがちょっとという方もいるかもしれませんが、他にも沢山の種類・配色が発売されているので、気になる人はチェックすると良いでしょう。

2016/05/25 23:59まで有効な15%OFFクーポンについては、下記記事をご覧ください。
amazon ファッションカテゴリが15%OFFになるキャンペーンを開催中

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。