EVGA 補助電源無しのGTX 950搭載ビデオカードを4製品を発表

EVGA製GTX 950(補助電源無し)

EVGAが補助電源無しのGTX 950搭載ビデオカードを発表しました。

今回、発表されたのは下記4製品。

  • EVGA GeForce GTX 950 (02G-P4-0954)
  • EVGA GeForce GTX 950 (02G-P4-0952)
  • EVGA GeForce GTX 950 SC (02G-P4-0958)
  • EVGA GeForce GTX 950 SC (02G-P4-0956)

GTX 950 SCと無印の違いは、オーバークロックされているかどうか。
0954と0952、0958と0956の違いは、DVI-D端子の有無となっています。

950(0954)950(0952)950 SC(0958)950 SC(0956)
GPUGeForce GTX 950
コアクロック
(Boostクロック)
1025MHz
1190MHz
1076MHz
1253MHz
メモリクロック6610MHz
メモリ容量2GB GDDR5
補助電源なし
スロット占有数2スロット
出力端子DVI-I,DVI-D,
HDMI,DisplayPort
DVI-I,
HDMI,DisplayPort
DVI-I,DVI-D,
HDMI,DisplayPort
DVI-I,
HDMI,DisplayPort
保証3年

この記事のアイキャッチ画像は、EVGA公式サイトより引用しました。

スポンサーリンク

補助電源無しビデオカードのメリット

低消費電力である
8pinのGTX 950は125W、6pinの場合は110Wなのに比べて、補助電源無しは75Wと低消費電力になっています。
汎用性が高い
PCI-Express端子からのみの給電となるので、増設しやすいです。
もちろん、電源容量がカツカツな場合は難しいでしょうが。

思ったこととか

種類が多いというのは、ユーザーの選択肢が増えることになるので良いことだと思います。

ただ、製品名が同じというのは分かりづらいので、改善して欲しいですね。

発売については、Coming Soonとなっているので近いうちに登場するでしょう。
amazon.com(アメリカ)に商品登録されたら、この記事に追記します。

お急ぎの方は、ASUSからも補助電源無しGTX 950が発売されているので、そちらを検討してみてはいかがでしょうか?

EVGA関連の主要記事