SENNHEISER HD700のレビュー

SENNHEISER HD700のパッケージ

お高め?のヘッドホン SENNHEISER HD700のレビューをします。

HD700が気になっている、購入を検討している方はさらっと読んでいってください。

注)私の耳が残念耳であることを前提に、読んでいただけると幸いです。

SENNHEISER HD700のスペック
型式ダイナミック・オープン型
周波数特性15~40,000Hz (-3dB)、
8~44,000Hz (-10dB)
インピーダンス150Ω
音圧レベル105dB
質量約292g(ケーブル重量除く)
接続ケーブルケーブル長3.0m(両だし、OFC)
プラグ形状6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型)
保証期間2年

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

SENNHEISER HD700のレビュー

SENNHEISER HD700パッケージ内の箱

パッケージを開けると、しっかりした箱が現れます。

SENNHEISER HD700の箱を開けた様子

箱を開けた様子。

SENNHEISERの箱の中は独特のニオイで満たされています。
私はあまり好きではありません。

SENNHEISER HD700の製品内容

製品内容は、本体、ケーブル、マニュアル。

SENNHEISER HD700の頭頂部

頭頂部にロゴとメーカー名。

SENNHEISER HD700本体(左右判別方法)

LR(左右)は、イヤーパッドを支える部分に記載されています。

SENNHEISER HD700の側面

サイドから見た様子です。
HD800と同じように、SFチックな印象を受けます。

SENNHEISER HD700の調整バンドを伸ばした様子

調整バンドを伸ばした様子。

SENNHEISER HD700内側の様子

内側にもメーカーロゴがあります。

SENNHEISER HD700のケーブル接続部分

接続は2.5mmジャック。
ケーブル側の切り欠きを合わせて、挿しこみます。

SENNHEISER HD700のケーブル(左右判別方法)

ケーブル側にもLRの記載があります。
写真上では左右逆になっていますが。

SENNHEISER HD700のケーブル接合部

ケーブルの接合部は固定されているので、長さ調整はできません。
接合部より上(ヘッドホン側)は樹脂、下(プラグ側)は布巻きになっています。

SENNHEISER HD700のケーブルのプラグ

プラグはステレオ標準。

音質について

比較対象はSENNHEISER HD650。
環境は、PC – HP-A8(USB接続)。

HD650が緩くまったりしているのに対し、HD700は少し尖っている印象です。
傾向は別物なので、後継機といった感じではありません。

HD700は歌っている距離が近く、女性ボーカルがよりセクシーに聞こえます。

耳に息を吹きかけられて、ゾクッとする感覚が好き、味わいたいという方には向いているでしょう。

解像度、音の分離感は、HD700の方が優れています。

音漏れは、HD650よりも明らかに大きいです。

装着感について

側圧の強さは、HD650>HD700>HD598
フィット感は、HD598>HD650>HD700

側圧はキツくありませんし、装着感も悪くないです。
ただ、クッションがHD598、HD650に比べて少し硬いので、慣れが必要かもしれません。

HD598、HD650のクッションのようにモフモフしてないので、ほこりは溜まりにくそうではありますが。

思ったこととか

FOSTEX HP-A8HD650の組み合わせは良いものでしたが、新しい刺激が欲しくなったのでHD700を買いました。

個人的にはHD700の音傾向の方が好みだったので、満足です。

ただ、私のヘッドホンスパイラルが終わるのかという点については、心配しています。

HD650は1年ちょっとしか持ちませんでした。

できれば、同じぐらいHD700にも頑張ってもらいたいのですが、果たしてどうなることやら。