LogicoolのUnifying 無線マウス・キーボードを使っている人は今すぐファームウェアをチェック・更新しよう

LogicoolのUnifying Reciever

LogicoolのUnifying 無線マウス・キーボードを使っている人は今すぐファームウェアをチェック・更新しよう

なぜ、こんなことを言うかというと、Logicool(Logitech)のUnifying Reciever(無線受信機)に「MouseJack」という脆弱性が見つかったからです。

この脆弱性を放っておくと、無線接続のマウス・キーボードを乗っ取られたり、入力した内容を傍受されたりする可能性があります。

そういうわけで、当記事ではLogicool Unifying USB受信機のファームウェア確認とアップデート方法を紹介します。

自分の無線マウス・キーボードはLogicoolじゃないから安心と思った方もいるかもしれませんが、
Dell、HP、Microsoftなどの製品でも、同様の脆弱性が確認されているので、対策を行うことをオススメします。

各社の対応状況は、Affected Devices (Bastille)で確認できます。

スポンサーリンク

Logicool Unifying USB受信機のファームウェア確認とアップデート方法

お約束ですが、ファームウェア更新は自己責任で行ってください。

※USBハブを使って接続している場合は、一時的に取り外して、パソコン本体に直接受信機を接続しましょう。

1.まず、Unifying Softwareをダウンロードしてインストールします。

Logicool Setpointをインストールしている場合は、同梱されているので、この作業はスキップしても構いません。

Logicool Unifying USB受信機のファームウェア確認とアップデート方法(手順1)

2.Unifying Softwareを起動して、詳細をクリック。

スタートボタン>Logicool>Unifying>Logicool Unifying ソフトウェア
もしくは
C:\Program Files\Logicool\SetPointP\ConnectUtility.exe

Logicool Unifying USB受信機のファームウェア確認とアップデート方法(手順2)

3.ファームウェアバージョンを確認、新しいファームウェアをダウンロードして保存します。

ファームウェアが012.xxx.000xxというフォーマットなら、RQR_012_005_00028.exeをダウンロード。

ファームウェアが024.xxx.000xxというフォーマットなら、RQR_024_003_00027.exeをダウンロードします。

Logicool Unifying USB受信機のファームウェア確認とアップデート方法(手順3)

4.手順3で保存したexeファイルを、ダブルクリックして実行します。

5.Logicool Unifying ソフトウェアに戻り、ファームウェアを更新するをクリックします。

Logicool Unifying USB受信機のファームウェア確認とアップデート方法(手順5)

6.現在のファームウェア、新しいファームウェアバージョンに間違いがないことを確認して、アップデートをクリック。

Logicool Unifying USB受信機のファームウェア確認とアップデート方法(手順6)

7.少し待つとアップデートが終了するので、完了をクリック。

Logicool Unifying USB受信機のファームウェア確認とアップデート方法(手順7)

8.ファームウェアバージョンが新しいものに変わったら、作業は終了です。
Logicool Unifying ソフトウェアは閉じてしまいましょう。

Logicool Unifying USB受信機のファームウェア確認とアップデート方法(手順8)

思ったこととか

日本国内にも、Logicoolの無線マウス・キーボードを使っているユーザーがかなりいると思います。

ただ、この問題への対処を行った人はほんの一部で、脆弱性が見つかったこと自体を知らない・気付いていない方が、おそらく大多数でしょう。

その大多数に当てはまりそうな方が、あなたの周りにいたら、ぜひ教えてあげてください。

少しでも多くの方に、この記事が届いてくれると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。