【技適あり】Google Nexus 5X(LG-H791)のレビュー

Google Nexus 5X(LG-H791)のパッケージと本体を並べた様子

技適マークありのSIMフリー スマートフォン Google Nexus 5X(LG-H791)のレビューをします。

Nexus 5Xの性能や使用感を知りたい、少しでも安く購入したいという方は、ぜひ読んでいってください。

まず、スペックの紹介から始めます。

Google Nexus 5X(LG-H791)のスペック
システムAndroid 6.0 Marshmallow
プロセッサ64bit Qualcomm Snapdragon 808
(1.8GHz/ヘキサコア)
GPU:Adreno 418
メモリ内蔵ストレージ:32 GB(16GBモデルも有り)
RAM:2GB
ディスプレイ5.2インチ
1920 x 1080ピクセル
サイズ147.0 x 72.6 x 7.9 mm
136g
カメラリア:12.3メガピクセル
動画:4K(30fps)
フロント:5メガピクセル
ネットワーク4G:LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/9/17/18/19/20/26/28
3G:1/2/4/5/6/8/9/19
GSM:850/900/1800/1900 MHz
SIMタイプnano-SIM
ワイヤレスBluetooth:4.2
802.11 a/b/g/n/ac

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

購入について

私は、EXPANSYSiconから個人輸入しました。
購入にかかった総額は、38895円

内訳は下記。
端末代:35895円
送料:1,400円
税金:1,600円

Googleストアの価格(2016/03/14時点)は46,250円なので、7,355円安く買えたことになります。

今回個人輸入したLG-H791は、型番・スペック・対応バンド等、日本のGoogleストアで売っているものとほぼ同じです。

違うのは、マニュアルや充電器が日本向けではないことぐらい。
私の場合は、AU(オーストラリア)向けで、マニュアル・冊子類は英語でした。

ちなみに充電器については、EXPANSYS側が変換プラグを別途用意してくれているので問題ありません。

EXPANSYSでの購入手順は下記記事で解説しているので、そちらを参考にしてください。
EXPANSYSからスマホ・タブレット等を個人輸入する方法

Google Nexus 5X(LG-H791)のレビュー

Google Nexus 5X(LG-H791)のパッケージ

パッケージの様子。

Google Nexus 5X(LG-H791)のパッケージのフタを開けた様子

フタを取っても、まだ本体はお目見えしません。

Google Nexus 5X(LG-H791)パッケージ内の様子

本体、充電器、USB Type-Cケーブルがコンパクトに収まっています。

Google Nexus 5X(LG-H791)の製品内容

製品内容は下記。

  • 本体
  • カナル型イヤホン
  • 充電器
  • USB Type-Cケーブル
  • 変換プラグ(EXPANSYS側が別途用意したものです)
  • Google Play Music 90日お試し券
  • 冊子(中にSIMスロットのイジェクトピンが含まれています)
  • 簡易マニュアル
  • リサイクル袋(オーストラリア用)
Google Nexus 5X(LG-H791)本体をパッケージに載せた様子

パッケージの上に本体を載せた様子。

Google Nexus 5X(LG-H791)本体裏面の様子

本体裏面の様子。

Google Nexus 5X(LG-H791)本体右側面の様子

右側面には電源とボリュームボタンがあります。

Google Nexus 5X(LG-H791)本体左側面の様子

左側面にはnano-SIM用スロットのみ。

Google Nexus 5X(LG-H791)本体上面の様子

本体上面にはマイク穴。

Google Nexus 5X(LG-H791)本体下面の様子

本体下面にはUSB Type-Cコネクタ、マイク穴、イヤホンジャック(3.5ステレオミニ)があります。

Google Nexus 5X(LG-H791)本体にUSBケーブルと充電器、変換アダプタを接続した様子

充電する際はこんな感じになります。
変換があるので、少し高さ方向にかさばります。

Google Nexus 5X(LG-H791)の技適マークを表示した様子

技適マークを表示した様子です。

ベンチマーク結果

Antutu Benchmark v6.0.1、3D Mark Sling Shot ES 3.1で計測を行いました。

Google Nexus 5X(LG-H791)のベンチマーク結果(Antutu) Google Nexus 5X(LG-H791)のベンチマーク結果(3D Mark Sling Shot)

良いところ

技適マークがある
技適を取得しているので、日本国内でも安心して使えます。
電波のつかみがいい
以前使っていたSony Xperia Z5 Compact E5823よりも、日本国内の対応バンド数が多いので、電波のつかみがいいです。
不要なアプリが入っていない
基本的なアプリしか入っていないので、要らないものをアンインストールする手間がかかりません。

ちなみにシステムアップデートを終了して、何もアプリを追加していない状態でのストレージ使用率は、1.86GB/24.89GBでした。
指紋認証の精度が高い
指紋認証ボタンの面積が広いので、認証失敗率がかなり低いです。
※Z5 Compact E5823は面積が狭く、ロックがかかることも多々ありました。
USB Type-C対応
ケーブルを挿す時に表、裏を考えなくて済むのはとても楽です。
ただ、パソコンと接続する際にUSB Type-Cコネクタがない場合は、別途ケーブルを用意しなければいけません。
OSのアップデートが期待できる
Google謹製なので、次のOS(Android 7?)が出た時に、優先アップデートされることが期待できます。

残念なところ

カメラが出っ張っている
下記画像の通り、カメラ部分が張り出しているので、ケースなしで使うのはちょっと怖いかなと思います。

Google Nexus 5X(LG-H791)本体裏面のカメラの出っ張りを横から撮った様子
スピーカーの音質がイマイチ
何というか、ボワついた感じの音が出ます。
イヤホン端子の方はわりと頑張っている印象なので、残念です。
microSDカードスロットがない
Nexus 5Xは16GB、32GBモデルのみで、microSDカードスロットがないので、たくさん写真や動画を撮りたい人にとっては、心もとないかもしれません。
ストラップホールが無い
仕方ないことですが、ストラップホールは付いていません。

Nexus 5X(LG-H791)用に別途買ったもの

Google Nexus 5X(LG-H791)用に買ったフィルム、USB Type-Cケーブル、ケース

フィルム、ケース、USB3.0 – Type-Cケーブルを別途購入しました。
私が買ったものは下記。

思ったこととか

Google Nexus 5X(LG-H791)とSony Z5C E5823を並べた様子

NEXUS 5X、Sony Z5C E5823を並べた様子。

サイズ感、持ちやすさでは、Z5Cの方が良い感じです。
画面が広い点で言えば、5Xも悪くはないのですけど。

個人的には、5XとZ5Cのいいとこ取りした端末をGoogleが出してくれたらいいなと思います。

4.6インチで、1920×1080、ストラップホール付で、指紋認証ボタンは大きいままみたいな。

それで、NEXUS 5Xと同じか、少し安ければ売れると思うのですがどうでしょうかね?

言い忘れていましたが、EXPANSYSでNEXUS 5X(16GB、32GB両方)のセールをやっているので、買うなら今がチャンスですよ。

2016/03/14現在、16GBが31,510円、32GBが35,920円となっています。

EXPANSYSでNexus 5X(LG-H791)を検索icon

SIMフリー スマートフォンの関連記事