Adobe Illustrator使用中に言語モードが切り替わる問題への対策

PCソフトウェアのアイキャッチ

Adobe Illustrator使用中に言語モードが切り替わる問題への対策を紹介します。

意図せずに日本語、英語入力が切り替わってしまって困っている方は、ぜひ読んでいってください。

なぜ、この問題が起きるかというと、Windows上で左Shift + Altキーに、言語モード切替のショートカットが割り当てられているから。

その為、オブジェクトを選択してAltでコピー、Shiftを押しながらキレイな位置に移動しようとすると、このショートカットキーが発動してしまうんですよ。

というわけで、Windows上で設定されているショートカットを無効化すれば、この問題は解決できます。

それでは早速始めましょう。

スポンサーリンク

Adobe Illustrator使用中に言語モードが切り替わる問題への対策

1.言語バーアイコンの上で右クリック>設定をクリックします。
コントロールパネル>言語でもOKです。

Adobe Illustrator使用中に言語モードが切り替わる問題への対策(手順1)

2.左側にある詳細設定をクリックします。

Adobe Illustrator使用中に言語モードが切り替わる問題への対策(手順2)

3.入力方式の切り替えにある、言語バーのホットキーの変更をクリックします。

Adobe Illustrator使用中に言語モードが切り替わる問題への対策(手順3)

4.入力言語を切り替えるを選択した状態で、キーシーケンスの変更をクリックします。

Adobe Illustrator使用中に言語モードが切り替わる問題への対策(手順4)

5.入力言語切り替えの部分を割り当てなしにチェック、OKをクリックします。

Adobe Illustrator使用中に言語モードが切り替わる問題への対策(手順5)

6.入力言語を切り替えるの右側がなしになっているのを確認して、適用、OKの順にクリック。

Adobe Illustrator使用中に言語モードが切り替わる問題への対策(手順6)

これで設定は完了です。
左Shift + Altキーを押して、言語モードが切り替わらなくなったことを確認してください。

まだ開いているウィンドウは閉じて構いません。

思ったこととか

わたしの場合、通常は日本語、ゲーム中は英語キーボードと分けて使っているので、この問題に遭遇しました。

最初はこの問題が起きている原因が分かりませんでしたが、最終的には解決できたので良かったです。

同じような状況の方はそんなに多くない気がしますが、この記事が役に立ったら嬉しく思います。