マウス、キーボードの共有・切替にはELECOM KM-A22BBKが便利だぞ

ELECOM KM-A22BBKの本体パッケージ

USB切替機 ELECOM KM-A22BBKのレビューをします。

マウスやキーボードなどを2台のパソコンで共有・切替をしたい、こんな製品探しててんという方は、さらっと読んでいってください。

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

ELECOM KM-A22BBKのレビュー

ELECOM KM-A22BBKの製品内容

製品内容は本体、マニュアル、マグネットシールのみ。

ELECOM KM-A22BBK本体

左側の2つのUSBコネクタは各パソコンへの接続用、真ん中は共有する機器接続用、右側のボタンは切り替えスイッチとなっています。

良いところ

誰にでも使える
共有したいUSB機器を接続して、USBコネクタを二つのパソコンそれぞれに差し込むだけで使用できます。
切替もスイッチを押すだけ。

ドライバーのインストールやファイヤーウォールの設定は必要ありません。
見た目で分かりやすい
スイッチと本体にLEDが付いているので、現在どちらのパソコンに接続されているかが、一目で分かります。

ELECOM KM-A22BBKのLED表示
※パソコンAの場合は緑、パソコンBの場合は橙色が表示されます。
Windows 10でも使える
メーカー製品情報ページでは、Windows 8.1までとなっていますが、Windows 10でも問題なく使えます。

残念なところ

ケーブルの癖が強め
使用前にケーブルをほぐさないで設置すると、癖で引っ張られる感じがあります。

思ったこととか

ネットワーク経由でキーボードやマウスを共有するソフトもありますが、場合によっては面倒な設定が必要だったりするので、こちらを買って良かったなと思っています。

注文時の価格も1600円とお安く、設定も不要なので、パソコンが苦手という方にもオススメです。

ちなみに、多ボタンの無線マウスも問題なく使えるので安心してください。

Intel NUCの関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。