ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法

PCソフトウェアのアイキャッチ

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法を紹介します。

Microsoft IMEやGoogle日本語入力のような動作にしたいという方は、ぜひ読んでいってください。

あああと打ち込んで、無変換キーを押したら、アアアになるようにするのが、この記事の目標です。

※今回の解説はATOK 2016で行います。

スポンサーリンク

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法

1.デスクトップ上を一度クリックして、Ctrlキー + F12キーを押します。
※ATOKが有効な状態である必要があります

2.ATOKプロパティが開くので、キー・ローマ字・色タブを選択して、キーカスタマイズをクリックします。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順2)

3.キーを検索をクリック。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順3)

4.無変換キーを押します。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順4)

5.無変換キーが選択されます。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順5)

6.無変換と入力中が交わるところをクリック、続けて変更をクリックします。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順6)

7.カタカナ(後)変換を選択して、OKをクリック。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順7)

8.割り当てが変わったことを確認したら、OKをクリック。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順8)

9.適当なスタイル名をつけて、OKをクリック。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順9)

10.新しいスタイル名が選択されていることを確認して、OKをクリック。

ATOK環境で無変換キーにカタカナ変換を割り当てる方法(手順10)

11.メモ帳や検索窓で動作確認を行い、問題がなければ作業終了です。

思ったこととか

無変換キーでカタカナ変換できるものと思い込んでいたので、びっくりしました。
これまでにF7キーで変換したこともなかったですし。

まぁ、記事が一本書けた上に、キーの割り当て方も覚えられたので良しとします。

ATOKの関連記事