Crucial BLE4K8G4D26AFEAのレビュー

Crucial BLE4K8G4D26AFEAのパッケージ

Crucial BLE4K8G4D26AFEAのレビューをします。

4枚組のDDR4メモリーを探している、背の低いメモリーが欲しいという方は、さらっと読んでいってください。

まずはスペック紹介から始めます。

シリーズ名Ballistix Elite
規格DDR4-2666(PC4-21300)
Unbuffered,NON-ECC
容量32GB(8GBx4枚)
保証Limited Lifetime

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

Crucial BLE4K8G4D26AFEAのレビュー

Crucial BLE4K8G4D26AFEA本体(1枚)

重厚感がある見た目ですが、実際重いです。
以前使っていたG.Skill Ripjaws IVが1枚40gなのに対し、Ballistix Eliteは1枚75gあります。

良いところ

ヒートシンクの背が低い
高さは約40mmなので、大きめのCPUクーラーを使っても干渉しにくくなっています。
※ツインタワー・ツインファンの場合はギリギリかもしれません。
硬めの金属が使われている
安いメモリだと、柔らかい金属のヒートシンクが使われていて、メモリチップから浮いているなんてこともありますが、Ballistix Eliteはそのような心配はありません。

硬めのヒートシンクがネジ止めされているので、チップにしっかり接触しています。

残念なところ

お値段が高め
記事投稿時点での最安価格は31,518円。
もう少しお金を出せば、他社のDDR4-3000の32GBキットが買えるので、少し高く感じます。
高クロックモデルがない
現状、Crucialには高クロック製品がありません。
DDR4メモリは、2666が最上位となっています。

思ったこととか

見た目がカッコイイですし、memtestでもエラーが出なかったので、個人的には満足しています。

ただ、上述の通り、お値段が少し高めなので、Crucialが好き・使ってみたいということでなければ、あえて選ぶ必要はないでしょう。

G.Skillやなんかの方がコストパフォーマンスに優れていますし。