解像度が高めのカナル型イヤホン SoundSOUL M10のレビュー

SoundSOUL M10のパッケージ

カナル型イヤホン SoundSOUL M10のレビューをします。

イヤホンの買い替えやアップグレードを検討している方は、さらっと読んでいってください。

※この記事はSoundPeats社からのレビュー依頼を受け、製品を提供していただき、執筆しています

スポンサーリンク

SoundSOUL M10のレビュー

SoundSOUL M10の製品内容

製品内容は下記。

  • SoundSOUL M10本体
  • マニュアル
  • イヤーピース3セット
  • ケーブルクリップ
  • キャリングポーチ
SoundSOUL M10のフラットケーブル

平たいケーブル(きしめんケーブル)が採用されているので、絡まりにくくなっています。

SoundSOUL M10の本体

本体は結構大きめで、手で持つと一般的なイヤホンよりも少し重く感じます。
ピッタリ耳に収まるので、装着時は気になりませんが。

SoundSOUL M10のボタンとマイク

ON・OFFボタンとマイクの様子。

SoundSOUL M10の端子

端子はストレートタイプです。

良いところ

解像度が高い
amazonの商品ページを見ると低音に強いとありますが、思っていたより大人しく、全体的にクリアな傾向です。

SoundSOUL M10とSoundPEATS M20を聴き比べると解像度の面でかなり開きがありました。
M10の後にM20を使うと、音が曇っているように感じます。
ボタンが意外と便利
ボタンで曲の再生・停止を行えます。
着信時には通話することも可能です。

機種にもよりますが、曲送り・曲戻しにも対応しています。
※Fireタブレットでは再生・停止のみ使用できました。

残念なところ

本体表面の処理が甘い
本体アルミ部分に、バリがあります。
耳に当たって痛いということはないですが、耳から外す時に指に引っかかる感じを受けます。
装着時にヒヤッと感じる
本体表面がアルミなので、付ける時に少しヒヤッとします。
まぁ、極寒地域でなければ、問題にはならないでしょうが。

思ったこととか

端末付属のイヤホン、千円台の製品からステップアップするには、良い選択肢でしょう。
特に解像度が高いので、アップグレードしたことを体感しやすいイヤホンだと思います。

個人的にはZERO AUDIO カルボ テノーレよりも、SoundSOUL M10の方が好みです。

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。