有線・無線の両方で使えるヘッドホン August EP650のレビュー

August EP650本体

有線・無線の両方で使えるヘッドホン August EP650のレビューをします。

装着感がよいヘッドホンが欲しい、使い勝手のいいヘッドホンを探しているなんて方は、ぜひ読んでいってください。

メーカー製品情報ページ

※この記事はDigital Daffodil Limited社からのレビュー依頼を受け、製品を提供していただき、執筆しています

スポンサーリンク

August EP650のレビュー

August EP650のパッケージ

パッケージの大きさは、20.5x17x8.5cm。

August EP650の製品内容

製品内容は下記。

  • August EP650本体
  • 3.5mmステレオミニケーブル
  • USBケーブル
  • ユーザーマニュアル
  • アフターサービスガイド
August EP650本体を折りたたんだ様子

折りたたんだ状態の大きさは、12.5x17x7cm。
重量は235gなので、持ち運びも可能です。

August EP650本体(クッション部分)

両耳のクッション部分の外径は9x7cm。
内径は約5.5×3.4cm。

特別大きい人でなければ、すっぽりと耳が収まります。

August EP650Rの色味

私が選んだ色は赤。
色合いとしては、落ち着いたワインレッドといった感じです。

2015/11/02追記
現在、amazonで取り扱われているのはブラック、ホワイト、赤、青の4種類ですが、今月ゴールドとシルバーの2種も追加する予定だそうです。

August EP650本体(右サイドのボタン配置)

ヘッドホンの右サイドに操作ボタンが集約されています。
ボリュームアップ・ダウン、再生・一時停止、次の曲・前の曲ボタン。

August EP650本体(左サイド下の3.5mm端子)

ヘッドホン左サイド下に、3.5mmステレオミニプラグ端子が配置されています。

August EP650本体(右サイド下のUSB端子)

ヘッドホン右サイド下には、USB端子。

August EP650本体(バンドを伸ばした様子)

頭のサイズに合わせて、バンドの長さを調整することができます。

August EP650本体(頭頂部のクッション)

頭頂部にはクッションが配置されているので、痛くなることはありません。

良いところ

音に立体感がある
ヘッドホン型なので、イヤホン型とは違い、音に立体感があります。
また、この価格帯(注文時は6,999円)の製品としては、高音質な部類に入ることもポジティブな点です。
装着感がよい
側圧がほとんどないので、耳が痛くなったりすることがありません。
私のように頭が大きい人間でも、十分使えます。
有線・無線の両方が使える
接続方法は、Bluetooth、USB、3.5mmステレオミニの3種類。
その為、外に持ち出す時はBluetooth、家で使う時は有線でといった使い分けができます。
マニュアルに日本語が含まれている
日本語書かれていると、設定が楽ですし、安心感もあります。
※使われている日本語は少し怪しいものですが、意味は通じるレベルです

残念なところ

少しノイズがのる
サーというノイズは少なめですが、再生開始時・アプリケーション終了時などにプチッとノイズが入ります。
有線(3.5mmステレオケーブル接続)時は音がボワつく
3.5mmで接続すると、ボワついて音質が2段階ぐらい落ちます。
有線で使う際は、USBケーブルで接続した方が良いでしょう。
※Bluetooth接続とUSBケーブル接続時の音質は同程度
電源ONにすると再生ボタンの外枠が点滅する
約2秒に1回、青く点滅します。
電源がONであることがパッと見で分かるのはいいことです。
ただ、電車内などで使う場合は、少し迷惑かもしれません。

思ったこととか

Bluetoothヘッドホンの入門機として、選択肢に入れても良いかと思います。
値段の割にいい音でなってくれますし、有線で接続できる点も便利です。

注意点は上述の通り、3.5mmでつなぐと音質が落ちること。
Bluetooth、もしくはUSB接続で使うことを前提に購入することをオススメします。

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。