小さいけど高画質なデジカメ Canon PowerShot G7 Xのレビュー

Canon PowerShot G7 Xのパッケージ

1.0型センサーと大口径レンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ Canon PowerShot G7 Xのレビューをします。

一眼レフは必要ないという方、小さくて高画質なカメラが欲しいという方は、ぜひ読んでいってください。

まずは、スペックの紹介から始めます。

カメラ部有効画素数約2,020万画素
サイズ・タイプ、総画素数1.0型高感度CMOS、約2,090万画素
開放F値F1.8(W)-F2.8(T)
光学ズーム倍率4.2倍
液晶モニター3.0型TFTカラー液晶(約104万ドット)
タッチパネル
静止画JPEG(Exif2.3)、RAW(12ビット、CR2)
動画MP4[映像:MPEG-4 AVC/H.264、
音声:MPEG-4 AAC-LC(ステレオ)]
インターフェースHi-Speed USB、A/V-OUT、HDMIコネクターDタイプ
Wi-Fi対応
大きさ(幅・高さ・奥行き)103.0×60.4×40.4mm
質量(バッテリーおよびメモリーカード含む/本体のみ)約304g/約279g

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

Canon PowerShot G7 Xのレビュー

Canon PowerShot G7 Xの製品内容

製品内容は下記。

  • PowerShot G7 X本体
  • バッテリー
  • バッテリーチャージャー(充電器)
  • ストラップ
  • カメラユーザーガイド(取扱説明書)
  • 保証書

PowerShot G7 X正面の様子
PowerShot G7 X正面の様子

PowerShot G7 X左側面の様子
PowerShot G7 X左側面の様子

PowerShot G7 X右側面の様子
PowerShot G7 X右側面の様子

PowerShot G7 X背面の様子
PowerShot G7 X背面の様子

PowerShot G7 X上面の様子
PowerShot G7 X上面の様子

PowerShot G7 X底面の様子
PowerShot G7 X底面の様子

PowerShot G7 Xのストロボを出した様子
PowerShot G7 Xのストロボを出した様子

PowerShot G7 Xの液晶を立てた様子
PowerShot G7 Xの液晶を立てた様子
自撮りの時に使います。

PowerShot G7 Xの表面(シボ塗装)
PowerShot G7 Xの表面はシボ塗装で、つぶつぶしています。

良い所

高画質である
今まで使っていたSONY DSC-WX300で撮った写真に比べて、相当キレイです。
二つの写真を並べても、どちらがG7 Xで撮った写真か一目で分かるぐらいには差があります。
小さくて軽い
G7 Xは、一般的なコンデジより、ひとまわり大きいサイズになっています。
当然、一眼レフカメラより小さく、軽いので持ち運びしやすいです。

ただし、軽いコンデジからの乗り換えですと、重く感じるかもしれません。
ちなみにDSC-WX300は約170g、G7 Xは約310gなので、ずっしり感があります。
たぶん、使っているうちに慣れるでしょう。
起動、終了が速い
電源をONにした時の立ち上がりまでの時間、OFFにした時の終了までの時間が速いです。
DSC-WX300と比べるとワンテンポ以上速く感じます。
RAWを扱える
静止画の保存形式はJPEG、RAW、RAW+JPEGの3種類。
手軽に写真を撮るならJPEGを、高画質な写真を残したい、フォトレタッチをしたいという方はRAWを選ぶことができます。

残念な所

USB充電に対応していない
バッテリー充電はチャージャーで行う必要があります。
充電のたびに取り外すのは、正直面倒です。
保証が短い
5万円以上する製品で、保証が1年というのは短い気がします。
個人的には1年半か、2年ぐらいにして欲しいです。

私は心配症なので、ショップの延長保証を付けました。

本体価格、一緒に買ったもの

G7 X本体:52,781円
5年保証:2,639円
フィルム:908円
ケース:869円
合計:57,197円

思ったこととか

一眼レフを買おうか迷っていたのですが、予想以上に高画質だったので、G7 Xを買って満足です。

また、サイズ・重量的にもこれぐらいが、個人的には限界だと感じています。
この軟弱者と思うかもしれませんが、単純に荷物がかさばるのが嫌なんですよ。

G7 Xのサイズならケースに入れた上で、かばんに入れても邪魔になりませんし、きっと活躍してくれるでしょう。

これでUSB充電に対応していたらほぼ完璧だったのですが、まぁ仕方ありません。

どうしてもUSB充電が必要であれば、新発売のG9 X、G5 Xいう選択肢もあります。
2015年10月22日に発売されたばかりなので、値段はこなれていませんが。

2015/10/25追記
関連記事を書きました。
PowerShot G7 Xにオススメなケース HAKUBA SPG-TPCPM-BKのレビュー