私がSleipnir 6の使用をやめた理由

PCソフトウェアのアイキャッチ

私がSleipnir 6の使用をやめた理由を紹介します。

これからSleipnirを使おうと思っている方は、使用前に読んでおくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

Sleipnir 6の使用をやめた理由

4Kに非対応?
4K環境でSleipnir 6を使用すると、ブックマークバーや拡張機能のアイコン等が非常に小さくなります。
本文中の文字はズームで対応できますが、上記項目のサイズは拡大されません。
ブラックアウトする
スリープ復帰やモニタの電源OFF・ONで、ブラックアウトする場合があります。
その場合、再読込では直らないので、ブラウザを再起動しなければなりません。

その際、プロセスが残りやすく、タスクマネージャーからいちいち落とす手間がかかるのもマイナスポイントです。
amazonプライムビデオに対応していない
DRM エラー 3307と表示され、プライムビデオを再生することができません。
私にとっては、これが致命的でした。

乗り換え先のブラウザ

使いたい拡張機能(Roboform)に対応していて、プライムビデオも再生できるOperaに乗り換えました。

乗り換え後、Sleipnir 6で起きていた症状は全てなくなったので、非常に満足しています。

ちなみに、現在の環境はFirefox,Chrome,Operaの三刀流です。

思ったこととか

ずいぶん前からSleipnirにはお世話になっていたので、こんな形でサヨナラすることになるとは思いませんでした。

今の心境は、ありがとうSleipnir、これからよろしくOperaさんといった感じです。