CPUグリス6製品の性能を比較してみた(2015年9月版)

CPUグリス6製品を並べた様子

この記事では、CPUグリス6製品の性能比較レビューを行います。
グリス選びの参考にしていただければ、幸いです。

まずは、今回使うCPUグリスのスペック比較から始めます。

製品名熱伝導率導電性購入価格容量
Arctic Cooling MX-48.5W/mk1,060円4g
JunPus JP-DX116W/mk1,480円3g
Thermal Grizzly Kryonaut 1g
(TG-K-001-RS)
12.5W/mk1,018円約1g
ダウコーニング製 高熱伝導性グリス
(WW-TC5022-1.5G)
4.0W/mK1,166円1.5g
信越化学工業製高放熱オイルコンパウンド
(WW-7762-1.5G)
6.0W/mk1,274円1.5g
AINEX GS-010.55W/mk172円1.5g

※導電性が明記されていないものは?としています。

<この6製品を選んだ理由>
MX-4、JP-DX1を選んだのは、2014年10月に行ったCPUグリス8種類の性能を比較してみた(2014年10月版)で優秀な結果を残した上位2製品だから。

Thermal Grizzly Kryonaut、WW-TC5022、WW-7762は単純に気になっていたので。
GS-01は安グリスの代表選手が必要だと前回感じた為。

スポンサーリンク

検証条件

グリスの塗り方は、CPUの中心に米粒サイズ出し、クーラーで押し広げる方法に統一。
各グリス測定スタート時の室温を27.7℃に固定。
検証終了後に変わっていた場合は換気で調整を行い、測定を開始する。

計測するタイミングは以下の2つ。
・パソコンを起動してから3分後のアイドル時。
OCCT 4.4.1を回して5分後のフルロード時。

温度計測はOCCTで行い、コア温度を平均したものとする。

検証機

CPU Core i7 5820K (6コア12スレッド)
CPUクーラー Noctua NH-D15S
M/B ASRock X99 Professional
MEM G.Skill F4-2400C15Q-16GRB
VGA EVGA GeForce GTX 980 SC
ケース COOLER MASTER COSMOS II

CPUアイドル時は最小1.2GHz、フルロード時は最大3.6GHzで稼働。
クーラーのファンの回転は100%に固定。
ケースは横倒しで、サイドパネルを外した状態。

注意点

出来る限り条件を揃えましたが、検証環境によって結果が入れ替わる可能性は考えられます。

前回の検証機とはスペックが変わっているので、比較する場合は参考程度に留めてください。

CPUグリス6製品の性能比較結果

CPUグリス6製品の性能比較結果(グラフ)

GS-01が頑張りすぎですね。100円台でこの性能は素晴らしい。
前回の性能比較で2位だったJP-DX1とほぼ互角(ロード時)、アイドル時は一番低い温度を叩き出しています。

この結果を見てオススメするグリスは、当然Thermal Grizzly Kryonaut、MX4の上位二つになります。

WW-TC5022,JP-DX1,GS-01も決して悪くないんですけど、少し落ちる感じです。
WW-7762は言わずもがな。

注)GS-01は使いきりタイプです
保存がきかないので買う場合は注意してください

CPUグリス関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。