4Kモニタを使うメリットとデメリット

LG 27MU67-B本体正面

27インチの4K液晶モニタ LG 27MU67-Bを使い始めて、約2週間が経ちました。

製品レビューは以前書いたので、今回は4Kモニタを使うメリットとデメリットを紹介します。

新しくモニタを買おうと思っているけど、WQHD(2560×1440)にするか、それとも4K(3840×2160)にするかで迷っている方はさらっと読んでいってください。

スポンサーリンク

4Kモニタのメリット

作業領域が広い
4Kモニタ(3840×2160)はフルHD(1920×1080)の2倍なので、とにかく広いです。
ウィンドウを2~4つぐらい表示させれば、ながら作業がとても捗ります。
4Kコンテンツがスゴイ
4Kの動画やゲームを見ると、思わずオォと漏らしてしまうほどに綺麗で、迫力があります。
※コンテンツ数はまだまだ少ないので、今後に期待といったところですが

4Kモニタのデメリット

PCゲームをするにはパワーが必要
軽い傾向にあるサッカーゲームなどでは問題ありませんが、重めのFPSやTPSゲームなどを高設定でプレイするのは厳しいです。

私は現在GTX 980を使っていますが、歯がたたないので、解像度を落としてゲームをしています。
対応していないソフトもある
メジャーなソフトであれば、未設定、もしくは少し設定するだけで使えますが、対応していないソフトの場合、縮小・全画面・閉じるボタンなどが極小になります。
接続が不安定な場合がある
モニタや環境にもよりますが、勝手にデスクトップアイコンが移動する、解像度が下がる、スリープ復帰で接続を見失う症状が出る場合があります。

私の環境では3つ目の現象に一度だけ遭遇しました。

補足

PCゲームと違い、動画鑑賞や事務作業などであれば大きなパワー(GPU性能)は必要ありません。
※古いPCは別ですが

まとめ

とにかく広さが欲しいということであれば、4Kモニタを選ぶのもアリだと思います。
しかし、現状では人柱的要素(ソフト対応や接続問題)があることを忘れてはいけません

そういうことを飲み込めないのであれば、WQHD(2560×1440)にいくか、4K環境が安定するのを待つべきです。

数年待てば、ある程度安定し、モニタの値段も下がってくるでしょう。
さらに言うなら、その頃には新世代のGPUが登場して、高設定でゲームをできるようになっているかもしれません。

さいごに

ここまで書いたことを読むと、私が4Kモニタ否定派にうつるかもしれませんが、そんなことはありません。

4Kモニタを買って、個人的にはとても満足しています。
ただ、接続の問題があるので、オススメしにくいだけです。

もし、DisplayPort 1.2やHDMI 2.0がDVI並に安定した規格であったなら、全力で4Kモニタを推しています。

LG 27MU67-B関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。