Windows 8.1から10にアップグレードして動いたもの、動かなかったもの

PCソフトウェアのアイキャッチ

この記事では、Windows 8.1から10にアップグレードして動いたもの、動かなかったものを紹介します。

これからWindows 10を買う人やアップグレードする人の参考になれば幸いです。

注)軽く動作確認しただけなので、見落としがあるかもしれません。

スポンサーリンク

Windows 10で動いたもの

  • PLEX PX-W3PE
  • SCR3310-NTTCom
  • Fostex HP-A8
  • Logicool M950t
  • Logicool G502
  • MPC-BE (1.43)
  • VLCメディアプレイヤー (2.1.5)
  • Google Chrome
  • Firefox (39.0)
  • Thunderbird (38.10)
  • JaneXeno 150312
  • TweetDeck
  • Notepad++ (v6.1.1)
  • Sublime Text2 (v2.0.2)
  • Atom (1.0.0)
  • Steam
  • Origin
  • Uplay
  • Battle.net
  • Google日本語入力
  • ESET Smart Security (8.0.304.7)
  • CrystalDiskInfo (6.2.1)
  • Fiddler (v4.5.1.0)
  • Logicool ゲーミングソフトウェア
  • Logicool Setpoint (6.65.62)
  • Dropbox (3.8.5)
  • RoboForm (7.9.14.4)
  • FileZilla (3.12.0.2)
  • WinRAR (5.11)

Windows 10で動かなかったもの

Sleipnir4 (v4.4.4 zip版)
最小化ボタンが効かない。
タスクトレイからの最小化は可能。
MusicBee (2.4)
基本動作、音楽再生などは問題なし。
タスクバー上をマウスオーバーすることで出ていたボタン類(一時停止、次の曲へ、前の曲へなど)が表示されない。

思ったこと

今のところ、不具合が発生したのは2本のソフトだけですし、Windows 10の互換性はかなり高い印象です。

ちなみにMusicBeeは、MusicBee_Exe_Patched.zipをダウンロード&解凍、2.4のインストールフォルダ(C:\Program Files (x86)\MusicBee)に上書きすることで対処可能です。

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。