PCのメモリが認識されない時の対処法

G.Skill F4-2400C15Q-16GRRパッケージ外観

PCのメモリを増設したけど認識されない、新しいPCを組んだけどBIOS(UEFI)が起動しないなんてことありませんか?

そんな経験がないというあなたは、運がいい人です。
自分は割と初期不良とかを引く人間なので、何度かそういった経験があります。

私も初めての時は焦り、パニック気味でしたが、現在では淡々と対処するようになりました。

というわけで、この記事では、PCのメモリが認識されない時の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

メモリが認識されない原因

  • メモリ本体の不良
  • マザーボード側のメモリスロットの不良

今回扱うのは上記の2つ。

他にもメモリの挿しこみが甘い、32bit OSを使っているなどのパターンもありますが、それは人為的なものなので排除します。

PCのメモリが認識されない時の対処法(切り分け方)

作業自体は単純なものですが、ある程度時間がかかります。
ゆっくり時間を取って、作業を行って下さい。

この作業の目標は、メモリ側、マザーボード側のどちらに問題があるのかを特定することにあります。

<用意するもの>

  • 紙(メモ帳やチラシの裏など)
  • ペン(種類は問いません)

※今回はメモリが2枚、マザーボード側のメモリスロットが4つであるものを例にします

1.パソコンの電源を落とし、電源ケーブルを抜きます。

2.メモリスロットの1番目に、メモリを1枚だけ挿します。
※スロット番号は、マザーボードのマニュアルを参照

3.電源を入れ、Deleteキーを連打、BIOS(UEFI)に入ります。

4.BIOSを起動できたか、メモリを認識できたかをメモします。

(例)
スロット1 x メモリ1枚目 ○ or ×

5.電源ボタンを長押ししてシャットダウン、電源ケーブルを抜きます。

6.スロット1に挿していたメモリを、スロット2に移動します。

7.手順3~5を行い、スロット3、スロット4でも同じことを行います。

8.1枚目のメモリで全てのスロットを調べ終えたら、メモリ2枚目をスロット1に挿して、動作チェック。
※メモリ1枚目にふせんを貼るなどして、2枚目と区別できるようにしておいてください

9.あとは同様の手順で、スロット2~4を調べます。

結果を検証する

<パターン1>
このようなパターンの場合、2枚目のメモリが不良である可能性が高いです。

1枚目 2枚目
スロット1 ×
スロット2 ×
スロット3 ×
スロット4 ×

<パターン2>
下記のようなパターンの場合は、マザーボード側のスロット不良の可能性が高いです。
この場合はスロット2が壊れています。

1枚目 2枚目
スロット1
スロット2 × ×
スロット3
スロット4

どちらのパターンか特定出来たら、あとはショップに初期不良対応、もしくは保証対応してもらうだけです。

補足

今回の作業を行ったけど、上手く特定できないという場合は、購入店舗に相談するなり、PCショップでやっているワンコイン診断に持ち込むなりして下さい。

G.Skill F4-2400C15Q-16GRRパッケージ外観

お役に立ったら、シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)