EVGA GeForce GTX TITAN X HYBRIDを公開

EVGA GeForce GTX TITAN X HYBRIDのパッケージと本体

昨日紹介したZOTACのハイブリッドファンモデルに続き、EVGAもTITAN X搭載のハイブリッドファンモデルを公開しました。

製品名はEVGA GeForce GTX TITAN X HYBRID、型番は12G-P4-1999-KR。
EVGA公式ストアでの価格は$1099.99で、2015/05/30時点では在庫なしとなっています。

EVGA GeForce GTX TITAN X HYBRIDのパッケージと本体
EVGA公式サイトより引用

ZOTACのハイブリッドモデルは空冷 + オプションで水冷(メンテが必要)であるのに対して、EVGAのモデルは空冷 + 簡易水冷(メンテフリー)となっています。

同製品の特徴は下記。

  • リファレンスファンのTITAN Xに比べて、約30℃低い動作温度
  • TITAN X Superclocked(1216MHz)よりも高いクロック(1241MHz)
  • バックプレート付属
スペック比較
TITAN X HYBRID (EVGA)TITAN X ArcticStorm (ZOTAC)TITAN X (リファレンス)
GPUNVIDIA GTX TITAN X
ベースクロック1152 MHz1026 MHz1000 MHz
ブーストクロック1241 MHz1114 MHz1075 MHz
メモリGDDR5 12GB (384 bit)
メモリクロック7010 MHz
出力端子DVI-I,HDMI,
DisplayPort x3
DVI,HDMI,
DisplayPort x3
DVI-I,HDMI,
DisplayPort x3
補助電源8pin + 6pin

EVGA GeForce GTX TITAN X HYBRID メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

思ったこと

自分で水冷をやるのは怖い、だけどビデオカードは出来るだけ冷やしたいという方には良いでしょう。

クロックはZOTACのものより、だいぶ上回っていますし、保証が3年な点もポイント高いです。

昨日は、ZOTACのハイブリッドモデルを見て面白いなと思っていたのですが、この製品が公開されたことで中途半端というか、非常にニッチな印象になりました。

簡易水冷ならEVGA GeForce GTX TITAN X HYBRID、自前で水冷ならEVGA GeForce GTX TITAN X Hydro Copperという選択肢があります。

そうなると、ZOTACのモデルの売りは、オリジナルファンであることぐらいでしょうか。

ただ、EVGAも別売りのTITAN X用オリジナルファンを公開しているので、訴求力が弱いような気がします。

EVGAの抜け目ないラインナップのおかげで、ZOTACが少し気の毒になってきました。
まぁ、私はEVGAのファンなので、そんな気持ちはすぐに忘れるでしょうけど。

ちなみに、EVGA TITAN X HYBRIDの発売日は不明です。
発売が確認できたら、この記事に追記します。

2015/06/04追記
amazon.comに商品ページが作成されました。
現時点では在庫なし、直送不可となっています。

2015/06/08追記
日本への直送が可能になりました。
ただ、相変わらず在庫なし。
注文した場合、在庫が入り次第発送となります。

EVGA関連の主要記事

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。