ZOTACがTITAN X + オリジナルファン搭載ビデオカードを公開

ZOTAC GeForce GTX TITAN X ArcticStorm本体(表側)

ZOTACがTITAN X + オリジナルファン搭載ビデオカードを公開しました。

製品名はZOTAC GeForce GTX TITAN X ArcticStorm、型番はZT-90402-10P。

ZOTAC GeForce GTX TITAN X ArcticStorm本体(表側)
ZOTAC GeForce GTX TITAN X ArcticStorm本体(裏側)
ZOTAC公式サイトより引用

EVGAが水冷専用カード別売りのオリジナルファンを公開していますが、同製品のようにTITAN X + オリジナルファンのビデオカードとして発売されるのは、この製品がおそらく初めてです。

同製品に搭載されているオリジナルファンの特徴は、Hybrid構成であること。

そこそこ冷えれば良いという人は空冷として、出来る限り冷やしたいという方は空冷 + 水冷として使うことが出来ます。

バックプレート付きなこと、少しオーバークロックされていることもポイント。

スペック比較
TITAN X ArcticStormTITAN X (リファレンス)
GPUNVIDIA GTX TITAN X
ベースクロック1026 MHz1000 MHz
ブーストクロック1114 MHz1075 MHz
メモリGDDR5 12GB(384 bit)
メモリクロック7010 MHz
出力端子DVI,HDMI,
DisplayPort x3
DVI-I,HDMI,
DisplayPort x3
補助電源8pin + 6pin

ZOTAC GeForce GTX TITAN X ArcticStorm メーカー製品情報ページ

思ったこと

価格次第ではありますが、元々水冷やっている人には、面白い製品だと思います。
空冷 + 水冷構成で使えば、EVGAのSuperclocked(1216MHz)を越えられるかもしれませんし。

私が特に気になったのは、Card supporterという名の付属品。

これは、ビデオカードが垂れ下がらない為のつっかえ棒なんですが、個人的には単体販売して欲しいです。

タコ糸で吊ったり、割り箸とかでビデオカードを支えている層に売れるような気がしますが、どうでしょうかね?

2015/05/30追記
関連記事を書きました。
EVGA GeForce GTX TITAN X HYBRIDを公開