EVGA製ビデオカードの選び方(命名規則)

EVGA GeForce GTX 980 Superclocked ACX 2.0本体(表側)

EVGA製ビデオカードは、ラインナップが多すぎ。
Superclocked(SC)やらClassifiedやら、どういう違いがあるのか、よく分からんという方もいるでしょう。

私も最初はそうでした。
しかし、今は製品名だけで、だいたいの性能順に並び替えることができます。

というわけで、この記事ではEVGA製ビデオカードの選び方(命名規則)を紹介します。

今後、EVGA製ビデオカードを購入しようと思っている人は、知っておくとよいかもしれません。

スポンサーリンク

EVGA製ビデオカードの選び方(命名規則)

空冷ファンモデルを、性能が高い順に並べると下記のようになります。

  1. K|NGP|N
  2. Classified
  3. FTW
  4. Superclocked
  5. 無印

※この他にHydro Copper(水冷)、Hybrid(簡易水冷)もラインナップされています

GTX 980モデルでスペックを比較するとこんな感じです。
※全てオリジナルファンモデル

クロック ブーストクロック 補助電源 価格
GTX 980 K|NGP|N 1304MHz 1418MHz 8pin x2 + 6pin $799.99
GTX 980 Classified 1291MHz 1393MHz 8pin x2 $689.99
GTX 980 FTW 1279MHz 1380MHz 8pin + 6pin $579.99
GTX 980 Superclocked 1266MHz 1367MHz 6pin x2 $569.99
GTX 980 1126MHz 1216MHz 6pin x2 $549.99

補足

リファレンスファンとオリジナルファンで、クロックが変わる場合がある
GTX 980 Superclockedの場合、リファレンスファンモデルは1241MHz(1342MHz)、オリジナルファンモデル(ACX 2.0)は1266MHz(1367MHz)となっています。
K|NGP|N~無印まで、全て揃っているとは限らない
GTX 980の場合はK|NGP|N~無印までありますが、GTX 970の場合はFTW~無印までしかありません。
K|NGP|N~無印以外にラインナップされる場合もある
GTX 970には、FTW+(バックプレート付)やSSC(FTWとSuperclockedの間)があります。
Classified、K|NGP|Nは発売が遅め
Classifiedは、無印やSuperclockedが発売してから2~3ヶ月後に登場することが多いです。
K|NGP|Nは、Classifiedよりも更に遅い傾向にあります。
Classified、K|NGP|Nはファンが大きい
FTW~無印のファンは一般的なサイズですが、Classified、K|NGP|Nは他のものより高さがあります。

EVGA GeForce GTX 780 Ti Dual Classified w/ EVGA ACX Coolerの表側
※画像はEVGA GeForce GTX 780 Ti Dual Classified w/ EVGA ACX Cooler。
ブラケットより高さがあるのでネジ止めしにくい場合もあり。

さいごに

競技やヘビーなオーバークロックをしたい方は、K|NGP|N一択。
そこそこのオーバークロックでよければ、Classifiedでも十分でしょう。

ただ、上記2製品はコストパフォーマンスが悪いです。

そこまで出せないよという方は、FTW、Superclocked、無印から選びましょう。
クロック差と価格差を天秤にかけて、納得いくものを買って下さい。

EVGA関連の主要記事