PCのストレージ規格が今後どうなっていくのか気になる

M.2 SSD、2.5インチSSD、3.5インチHDDを並べた様子

ストレージというのはデータを保存するデバイスのことで、PCではHDDやSSDがそれに当たります。

2015年4月現在、デスクトップ向けHDDは3.5インチ、ノートPC向けHDDやSSDは2.5インチサイズで、接続規格はSATA3(6Gbps)及びSATA2(3Gbps)というのが一般的です。

ただ、主流となっているSATA3,SATA2という規格は限界が近づいています
というのも、SSDが速くなりすぎたんですね。

HDDの場合は問題ありませんが、SSDは読込速度550MB/s辺りで頭打ち状態になっています。

そこで、より高速な規格が必要となってくる訳です。

現状では下記の4つが候補として存在していますが、過渡期なのでどれがこの先生きのこるかは決まっていません。

  • PCI Express
  • SATA Express
  • M.2
  • SFF-8639(U.2)

というわけで、PCのストレージ規格が今後どうなっていくのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ストレージ高速規格の長所・短所

PCI Express
現在使われている多くのPCに搭載されている規格なので設置しやすい。
速度が頭打ちになった時に、まだ高速化できる余地があるのも利点。
(例)x4接続 → x8接続
※そうなった場合は、CPUが持つPCI-Eレーン数の拡張が必要か?

PCI-Eのスロットを物理的に使うことは欠点。
SATA Express
一部のIntel 9シリーズ マザーボードで採用されていること、2つのSATAコネクタとして利用できることは利点。

コネクタの幅が広くなりがちなこと、採用製品が発売されていないことは欠点。
M.2
物理的に小さいこと、一部のIntel 9シリーズ マザーボードで採用されていることは利点。

配置的にビデオカードなどの熱を直接受けやすいこと、マザーボードによって対応速度にバラツキがあることは欠点。
SFF-8639(U.2)
マザーボード側のコネクタが小さいのが利点。

採用製品が未発売であること、搭載マザーボードがない(たぶん)ことが欠点。
Intel SSD 750 シリーズが発売予定
※M.2との変換基板はあるようですが、配置によっては拡張カードを挿せない場合があるようです

今後の展望

ノートPCに関しては、小さくて薄いM.2が優勢かと思います。

高価格帯はM.2、中・低価格帯は2.5インチHDD or SSDのような住み分けはあるかもしれませんが、たぶん採用製品が増えていくでしょう。

デスクトップPCに関しては、現時点で製品化されているPCI ExpressとM.2が一歩リードでしょうが、今後のことは正直分かりません

SATA Expressは製品次第、SFF-8639は次世代マザーボードの基板上に搭載されるかどうかといったところでしょう。

ただ、どの規格も現在のSATAのように沢山挿せるものではないので、高速規格 + SATA3の環境はしばらく続くのかもしれません。

個人的には、扱いやすいPCI ExpressとM.2 SSDに生き残ってもらいたいと思っています。

唯一気になる点があるとすれば、M.2の熱(温度)耐性がどれほどのものかということ。

多くのマザーボードでビデオカードの排熱を受けやすい位置に設置されているので、何度までは大丈夫といった目安が欲しいところです。

2015/06/15追記
SFF-8639は、U.2という名前に統一されたようです。

M.2 SSD、2.5インチSSD、3.5インチHDDを並べた様子

お役に立ったら、シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)