PCI Express 3.0 x16とx8で性能差がでるのか検証してみた

EVGA GeForce GTX 980 Superclocked ACX 2.0のパッケージ

最近のPCの場合、ビデオカードを挿すスロットはPCI Express 3.0(Gen.3)です。

正しいスロットに挿せば、通常x16で動作します。

ただ、間違ったスロットに挿した場合や拡張カード等の構成によってはx8で動作する場合があります。

この時、どの位影響が出るのか知りたくないですか?

私は知りたいです。

というわけで、PCI Express 3.0 x16とx8で性能差がでるのか検証します。

スポンサーリンク

検証方法と測定環境

PCI-E 3.0 x16、PCI-E 3.0 x8環境下それぞれで、ベンチマークテストを行い、その結果を比較します。

今回使うベンチマークソフトは下記の2つ。

※Fire Strikeはノーマル(無印)のプリセット、FF XIVは最高品質のプリセットでフルスクリーン(1920×1080)に設定

測定環境(PCスペック)
CPU:Core i7 5820K
メモリ:16GB
ビデオカード:EVGA GTX 980 SuperClocked
ドライバーバージョン:347.52

※x16で動作、x8で動作しているかの確認には、GPU-Zを使用

GPU-ZでPCIe3.0 x16とx8動作を確認した画像

検証結果とまとめ

PCI-E 3.0 x16 PCI-E 3.0 x8
Fire Strike 12427 12425
FINAL FANTASY XIV 14295 14307

ほとんど差がでない結果となりました。
誤差といってよいレベルでしょう。

この結果から分かることは、GTX980程度のビデオカードの場合、PCI-E 3.0 x16とx8で性能差はでないということ。

ネット上で言われている通りでしたが、検証してみて非常にスッキリしました。

ただ、SLIやCrossFireならともかく、シングルビデオカードならx16で動かした方が良い気がします。

精神衛生上の観点はもちろんのこと、今後PCI-E 3.0 x8以上x16未満のビデオカードが出てきた時の為にも。

まぁ、そんな高性能ビデオカードがいつ登場するのかは分かりませんが。

追記

2016/07/06追記
FireStrikeを用いて、GTX 1080でもテストを行いましたが、x16とx8でほとんど差はでませんでした。

x16でのGraphics Scoreは22496、x8では22182でした。

300も差が付いていると感じるかもしれませんが、これは現行バージョンの3DMARKが不安定で、テストが正しく終了しないことによるものだと思います。

2016/07/17追記
NVIDIAのドライバ 368.81をインストールして、GTX1080環境下でFireStrikeを試したところ、正常にテストが終了しました。

x16のグラフィックスコアが22567、x8では22272です。
結局、300近い差が出たのですが、これが帯域幅によるものかは分かりません。

Pascal TITAN、もしくは1080Tiが発売されたら、また試してみたいと思います。

EVGA GeForce GTX 980 Superclocked ACX 2.0のパッケージ

お役に立ったら、シェアをお願いします

6 件のコメント

  • こんばんは~。
    初コメント失礼いたします。
    現在PCI Expressのことを勉強しておりまして、大変ためになりました。
    ありがとうございました。

    実は自作パソコンでSLIを組んでいるのですが、この状態でさらにM.2を導入しようと調べておりましたら、M.2にもPCIEやSATAなど種類があり結局導入したかったサムスンのM.2 950 PRO M.2 MZ-V5P256B/ITはPCI Express 3.0(4レーン)インターフェイスで、私のマザーボード(MAXIMUS VII HERO)のM.2はPCI Express 2.0でした。

    今回の検証のようにM.2に差が出ないようであればチャレンジしたいと思っていたのですが、同時にM.2がだめならINTELさんの750 Series SSDPEDMW400G4R5でPCI Expressで接続しようかと考え始めました。

    ただお値段がかなり高いので現在も調べているところでございます。

    これからも素晴らしい検証楽しみにしております。

    長文失礼いたしました。

    • コメントありがとうございます。

      MAXIMUS VII HEROのM.2ポートは10Gb/sなので、950 PROを挿した場合、おそらく1250MB/s辺りで頭打ちになるでしょう。

      体感できるかは別として、公称スペックの読み出し2200MB/sは発揮できません。

      Bottsuさんは、SLIをしているとのことなので、仮にIntel SSDPEDMW400G4R5を挿した場合でも頭打ちになるかと思われます。

      現状、SLIやCrossFire環境でなおかつ高速なSSDを積みたい方は、LGA2011-3ソケットを選ぶしかありません。
      ただ、費用対効果は低いです。

      SATA3とM.2 SSDを比べて、劇的に速くなることはないので、わざわざ新しく環境(PC)を作るほどのことではないかなとも思います。

      個人的には、しばらく現状維持をして、新しい世代(Skylake-Eなど)を待つことをオススメします。
      その頃にはもっと速くて、安いSSDも登場しているでしょうし。

  • 大変参考になりました。
    先のコメントと少しかぶりますが、是非最新のGTX1080で試して頂きたいです。

    • achiboさん、コメントありがとうございます。

      GTX 1080自体はamazon.com(アメリカ)で注文してあるので、届いたら試してみたいと思います。

      ただ、現時点では発送されていないので、少し先になりそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    九荻 新

    1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。