Firefoxをリフレッシュして、環境を再構築する方法

PCソフトウェアのアイキャッチ

Firefoxで新規プロファイルを作成して、環境を再構築する方法を紹介します。

Firefoxの調子が悪い、重くなってきたという方は、記事をお読みになって、リフレッシュすると動作が改善されるかもしれません。

私の場合、Firefox 36.0にしてから画像が真っ黒に表示される現象に遭遇したため、リフレッシュを行いました。

リフレッシュしてからは、そのトラブルは再現していません。

スポンサーリンク

Firefoxのリフレッシュ手順

1.Firefoxを終了します。

2.Win + Rキーを押して、下記文字列をコピペ、OKをクリック。
%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\

Firefoxをバックアップする手順

3.文字列.defaultフォルダをコピーして、別の場所に貼り付けて下さい。

このフォルダにはFirefoxの設定ファイルなどが含まれています。
コピーしておけば、いざという時に復元が可能です。

4.Firefoxを起動します。

5.OPIE(Ordered Preference Import/Export)をインストールして、再起動。
URL:https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/opie/

OPIEのインストール方法

6.Addon List Dumper (restartless)をインストールします。
URL:https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/addon-list-dumper-restartless/

Addon List Dumper (restartless)のインストール方法

7.検索フォームの右側にあるeldumperをクリック。

Addon List Dumper (restartless)の使い方1

8.左下のSave as textをクリック。
適当な名前.txtにして保存して下さい。

Addon List Dumper (restartless)の使い方2

9.メニューバー>ツール>OPIE>書き出しの順でクリック。

OPIEでバックアップする方法1

10.参照をクリックして、バックアップ用フォルダを指定します。

OPIEでバックアップする方法2

11.一覧を得る>すべて選択>書き出すの順にクリック。
書き出しが終わったら閉じるをクリック。

Classic Theme Restorer (Customize UI)やFireGesturesの設定は上手く書き出せないようです。

※前者はエクスポート、後者はバックアップする機能がアドオンに用意されています。

OPIEでバックアップする方法3

12.メニューバー>ツール>オプションの各タブをメモします。
スクリーンショット(Alt + Print Screen)でもOK。

Firefoxのオプション画面

13.メニューバー>ヘルプ>トラブルシューティング情報>Firefoxをリフレッシュの順にクリック。

ここで新しいプロファイルになりますが、ブックマークやパスワード等の重要なデータは保持されます。

詳しくは、Firefox をリフレッシュする – アドオンや設定のリセットをご覧下さい。
Firefoxをリフレッシュする方法1

14.復元をクリック。

Firefoxをリフレッシュする方法2

15.保存したtxtを元にアドオンをインストールします。

16.メニューバー>ツール>OPIEをクリック。

OPIEで復元する方法1

17.参照>バックアップファイルを選択>取り込むの順にクリック。
取り込みが終わったら閉じるをクリック。

※もし、手動エクスポート・バックアップした設定ファイルがあれば、インポート・復元します

OPIEで復元する方法2

18.メモ or スクリーンショットを参考にFirefoxのオプションを設定します。
※メニューバー>ツール>オプション

19.あとはお好みで設定をすれば終了です。

私は下記3つを設定しました。

さいごに

手順12のFirefoxのオプション(メニューバー>ツール>オプション)だけを、もっと手軽にバックアップする方法はないのでしょうか?

ここを簡単にできれば、もっと手軽にリフレッシュすることができるのに。

もし方法を知っている方がいたら、ぜひ教えていただきたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。