Intel Core i7 5960X,5820K,3930Kの性能を比較してみた

Core i7 5960Xと5820Kのパッケージ

この記事では、Intel Core i7 5960X,5820K,3930Kの性能を比較します。

ベンチーマークソフトやエンコードソフトで性能を計測、比較レビューしていくので、Haswell-Eが気になっている方はぜひ読んでいってください。

まずは、各CPUのスペックをおさらいします。

スペック比較
i7 5960Xi7 5820Ki7 3930K
ソケットLGA2011-v3LGA2011-v3LGA2011
コア/スレッド8/166/126/12
クロック3.0~3.5GHz3.3~3.6GHz3.2~3.8GHz
キャッシュ20MB15MB12MB
TDP140W140W130W
メモリー4ch DDR44ch DDR44ch DDR3
PCIeレーン数402840
アーキテクチャHaswell-EHaswell-ESandybridge-E

i7-5960Xの製品仕様(Intel ark)
i7-5820Kの製品仕様(Intel ark)
i7-3930Kの製品仕様(Intel ark)

スポンサーリンク

ベンチマークでの性能比較

<測定環境>
5960X,5820Kは、DDR4-2400 16GBのメモリを使用。
3930Kは、DDR3-2133 16GB。

両方共オーバークロックは無し、ターボブーストは有りで計測。
ビデオカードは、EVGA GeForce GTX 780 Ti Dual Classifiedを使用。

補足

5960Xと3930Kのベンチマーク結果は、2014年9月末に計測したものです。
(エンコードを除く)

5820Kは2015年3月に買い足して計測しているので、ドライバー環境は完全に一致していません。
その為、思わぬ差が出ている場合があります。

それをご了承の上で、記事をご覧下さい。

エンコード

30分29秒のTSファイル(3.36GB)のエンコード時間を計測します。
解像度は1440×1080。

使用ソフトはTMPGEnc Video Mastering Works 5
フィルタ・出力設定は同じ。

時間が短い方が優秀。

5960X 5820K 3930K
タイム 14分00秒 14分45秒 未計測

あまり差が付きませんでした。
TVMW5だとCPUを100%使い切れないのが理由でしょう。

x264単体+フィルタ無しで計測すれば、もっと差がつくと思われます。

CINEBENCH R15

スコアが大きい方が優秀。

5960X 5820K 3930K
スコア 1387cb 1068cb 971cb

CINEBENCH R15では、コア数の差が大きくでました。
5960Xは、ベンチマーク終了までの所要時間がかなり短かったです。

Hyper PI

1Mと8Mで計測した平均タイム。
時間が短い方が優秀。

5960X 5820K 3930K
1M 13.583秒 14.661秒 13.102秒
8M 2分24秒640 2分43秒905 2分33秒990

1Mでは3930K、8Mでは5960Xが勝つという結果になりました。

Heaven Benchmark 4.0

PresetのExtremeを使用。
スコアが大きい方が優秀。

5960X 5820K 3930K
FPS 82.4 79.3 81.8
Score 2076 1998 2060
Min FPS 28.0 8.9 25.1
Max FPS 184.4 175.2 185.9

Heaven Benchmarkはビデオカードの性能に依存するソフトなので、差が出にくいはずなのですが、5820Kが劣る結果になりました。
たぶん、Nvidiaのドライバーの違いによるものでしょう。

3D MARK

スコアが大きい方が優秀。

5960X 5820K 3930K
Ice Storm 164329 129138 152452
Cloud Gate 36995 29433 29362
Sky Diver 33552 31261 29913
Fire Strike 11271 11156 10986

5820KのIce Storm以外は、順当な結果となりました。

まとめ

私は、Core i7 3930K → 5960X → 5820Kの順番で乗り換えました。

5960Xを買った理由は、8コア16スレッドを試したかったから。
8コア16スレッドのタスクマネージャーには満足しています。

Intel Core i7 5960Xのタスクマネージャー

ただ、私の用途ではオーバースペックだったようです。
ゲームはやりますが、エンコードはあまりしませんし。

そういうわけで、5820Kに乗り換えました。
正直な所、体感差はありません

5960Xを処分して浮いたお金で、ビデオカードを新調したいと思います。

さいごに

3D・動画・画像編集をゴリゴリやる人は5960Xを選べば良いかと思います、8コア16スレッドの恩恵を体感できるでしょうし。

フルレーンでSLI/CrossFireをしたいなら5960X or 5930K。
シングルビデオカードなら5820K or 4790Kでも十分です。

Ivy-EやSandy-Eの6コアを使っている方は、Haswell-Eに乗り換える意味が薄いかもしれません、シングルスレッド性能はちょっとしか伸びていないので。

チップセットを更新したいとか、M.2を使ってみたいとかなら別ですが、そうでないなら2016年に登場予定のBroadwell-E?を待つという手もありでしょう。

Core i7 5960Xと5820Kのパッケージ

お役に立ったら、シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)