Macrium Reflect Free Editionでスケジュールバックアップを設定する方法

Macrium Reflect Free Editionの起動画面

無料のバックアップソフト Macrium Reflect Free Editionの使い方を紹介しています。

前回(5回目)は、Macrium Reflect Free Editionでクローンを作成する方法を紹介しました。

6回目の今回は、Macrium Reflect Free Editionでスケジュールバックアップを設定する方法を紹介します。

定期的にバックアップを取れるなら、手動でも構いません。
ただ、忘れてしまうこともあるでしょう。

そんな時の為に、スケジュールバックアップを設定しておく事をオススメします。
設定しておけば、いつパソコンの調子が悪くなっても安心ですし。

スポンサーリンク

スケジュールバックアップの設定手順

設定前に一度、手動でバックアップを行って下さい。

それがスケジュールのベースとなるので、バックアップ対象のドライブと保存先を同じにします。

途中で出てくる、Save this backup as an XML~に必ずチェックを入れること

ファイル名を分かりやすいものにしておくと、なおよし。
私は、Base Scheduled Backupsとしました。

Macrium Reflect Free Editionでスケジュールバックアップを設定する前の注意点

1.Macrium Reflect Free Editionを起動します。

2.Scheduled Backupsタブをクリック。

Macrium Reflect Free Editionでスケジュールバックアップを設定する方法(手順)1

3.プラスのアイコンをクリック。

Macrium Reflect Free Editionでスケジュールバックアップを設定する方法(手順)2

4.ベースとなるバックアップを選択して、Nextをクリック。

Macrium Reflect Free Editionでスケジュールバックアップを設定する方法(手順)3

5.パスワードを入力して、Nextをクリック。

Windowsのログインパスワードを設定していない方は空白でOK。
Run as userはそのままで。

Macrium Reflect Free Editionでスケジュールバックアップを設定する方法(手順)4

6.期間を選択して、Nextをクリック。

Weekly(毎週)が調度良いと思います。
不安な方はDaily(毎日)でもOK。

Macrium Reflect Free Editionでスケジュールバックアップを設定する方法(手順)5

7.開始日時などを設定して、Nextをクリック。

Macrium Reflect Free Editionでスケジュールバックアップを設定する方法(手順)6

8.Finishをクリック。

Macrium Reflect Free Editionでスケジュールバックアップを設定する方法(手順)7

9.スケジュールが追加されたことを確認して、ソフトを閉じます。

補足

バックアップ先の空き容量に余裕があるか、確認しておきましょう。

Macrium Reflect Free Edition関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。