Macrium Reflect Free Editionで復元(リストア)する方法

Macrium Reflect Free Editionの起動画面

無料のバックアップソフト Macrium Reflect Free Editionの使い方を紹介しています。

前回(3回目)は、Macrium Reflect Free Editionでバックアップする方法を紹介しました。

4回目の今回は、Macrium Reflect Free Editionで復元(リストア)する方法を解説します。

いざという時に復元方法が分からないと困るので、この記事でさらっと覚えていって下さい。

スポンサーリンク

復元手順

1.レスキューCD or DVD(起動ディスク)を光学ドライブに入れます。

2.パソコンの電源ボタンを押します。

3.Deleteキーを連打して、BIOS(UEFI)に入ります。

4.Boot順位の一番手を光学ドライブにしてセーブ(F10キー)します。

5.Press any key~と出たら、何かキーボードのキーを押します。

6.Windows PEとMacrium Reflectが自動起動します。
しばらく待ちましょう。

7.Restoreをクリック。

Macrium Reflect Free Editionで復元する方法(手順)1

8.Browse for an image fileをクリック。

Macrium Reflect Free Editionで復元する方法(手順)2

9.保存したバックアップイメージを探します。
注)Windows上とボリューム名が変わる場合があります。

10.Restore Imageをクリック。

Macrium Reflect Free Editionで復元する方法(手順)3

11.ソース元、復元先を確認して、Nextをクリック。

Verify image before restoreにチェックを入れると、復元前に動作確認を行ってくれます。

Macrium Reflect Free Editionで復元する方法(手順)4

12.Finishをクリック。

Macrium Reflect Free Editionで復元する方法(手順)5

13.復元が始まります。
終了までしばらく待ちましょう。

14.再起動がかかります。
エラーダイアログが表示された場合は、適当に閉じて下さい。

15.Deleteキーを連打して、BIOS(UEFI)に入ります。
Boot順位を元に戻してセーブして下さい。

16.上手く起動出来たら、復元完了です。

Macrium Reflect Free Edition関連記事

Macrium Reflect Free Editionの起動画面

お役に立ったら、シェアをお願いします

7 件のコメント

    • 通常のWindows(7,8,10など)を起動してから、Macrium Reflectで復元作業をしていませんか?

      復元(リストア)は、起動ディスクを作成し、Windows PEを立ち上げた状態で行う必要があります。

  • 初めまして。詳しい説明ありがとうございます。
    インストール・システムのバックアップまでの作業が済みましたので、復元について勉強しています。
    Win 10の64 bitと32 bitのデュアルブート環境でパソコンを利用しているのですが、次のことについて教えていただけないでしょうか。

    説明の11で、「ソース元、復元先を確認して、Nextをクリック。」とありますが、説明の図面からは、その場合「ソース元、復元先」共ドライブ名が確認できるようですが、私の場合、上記の2つのOSとデータの3つのドライブに分かれておりますので、システムイメージを作成しますと、データドライブはバックアップされていないのですが、そのまま復元を実行した場合に、データドライブはそのまま保存されているのでしょうか。
    Windowsの復元機能は、ハードディスクを初期化して復元するというような説明を
    見たような記憶がありますので気になります。よろしくお願いいたします。

    • コメントありがとうございます。

      nakafukiさんの環境は、Win10 64bit用のドライブ、Win10 32bit用のドライブ、データ用ドライブに分かれているということでよろしいでしょうか?

      もし、そうであれば、OS用ドライブを復元してもデータ用ドライブの中身が消えるようなことはないと思います。
      ただし、復元先を間違えた場合はその限りではありません。

      Windows上でのドライブ認識とWindows PE(起動ディスク)上のドライブ認識は変わる場合があります。

      例えば、Win10上でDドライブとして認識されているものが、WinPE上ではEドライブとして認識されるみたいなことです。

      このドライブ認識の違いにより、復元先を間違え、データを飛ばすなんてことはよくあります。
      なので、復元作業時は該当ドライブのみを接続し、他のドライブは取り外した状態で行った方が安心です。

      • 九荻 新 さん  おはようございます。

        早速のご回答ありがとうございました。ご返事が遅くなって申し訳ありません。

        >Windows上でのドライブ認識とWindows PE(起動ディスク)上のドライブ認識は変わる場合があります。 ・・・・・

        ご指摘の事項を肝に銘じて実行するよう心がけます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)