25年以上経っても色あせない面白さ、星の王子 ニューヨークへ行く

星の王子 ニューヨークへ行くBlu-ray版のパッケージ

星の王子 ニューヨークへ行くのブルーレイ版を買って見たので、さらっとレビューをします。

同作品は、エディーマーフィー主演のコメディ?映画。
1988年公開。

たぶん、30歳以上の人には懐かしいタイトルだと思います。
TVの~ロードショーで見たという方も多いはず。

<簡単なあらすじ>
主人公はアフリカ ザムンダ国の王子様で、名前はアキーム。
21歳の誕生日を迎え、親に決められた婚約者と初めて会うことに。

何でも言うことを聞く婚約者に対し、アキームは不満を持ち、そのことについて父(王様)と話をする。

が、話が噛み合わず、旅へ出ることに。
行き先はニューヨーク、目的は嫁探し、残り時間は40日。

王子としてではなく、自分自身を好きになってくれる女性を探すために、貧乏学生の振りをして生活するアキーム。

さて、どうなることやら。

スポンサーリンク

さらっとレビュー

最後に見てから20年ぐらい経っていますが、面白かった。

終始ニヤニヤが止まらない感じ。
さすがエディーマーフィーといったところでしょう。

小さい頃には分からなかった、お下品な描写やセリフの意味が分かって、なお面白い。

元気がない方を、元気にする力がある映画です。

今回初めて気が付いたのですが、脇役でサミュエル・L・ジャクソンが出ていたりします。
彼を探すのを目的にしても良いかもしれません。

さいごに

星の王子 ニューヨークへ行くというタイトルを見て、懐かしいと思った方はぜひ見て下さい。

きっと、損した気分にはならないと思いますよ。

加えて言うなら、エディーマーフィーを知らない世代の方にも見て欲しい。

若い人がこの映画を見て、どんな感想を持つのか、おじさんは気になっています。

星の王子 ニューヨークへ行くBlu-ray版のパッケージ

お役に立ったら、シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。