木部の穴うめ材 3色セット M-30でフローリングを補修してみた

木部の穴うめ材 3色セット M-30のパッケージ

先日、誤ってフローリングに穴を開けてしまったので、木部の穴うめ材 3色セット M-30を使って補修してみました。

この記事では、補修前と補修後を画像比較します。

<製品内容>

  • 穴うめ材(白木色)
  • 穴うめ材(オーク)
  • 穴うめ材(アンバー)
  • へら
スポンサーリンク

補修前後の画像比較

<補修前アップ>
フローリングに空いた2つの穴
ドリルで2つも穴を空けてしまいました。
凄く目立ちます。

<補修後アップ>
フローリングに空いた2つの穴(木部の穴うめ材 3色セット M-30使用後アップ)
補修材の方が少し明るい感じですが、だいぶ目立たなくなりました。

<補修後引き>
フローリングに空いた2つの穴(木部の穴うめ材 3色セット M-30使用後引き)
床から約40cmの距離から撮った写真です。
この位離れると、ほとんど分からなくなります。

立った状態で見た場合、よく探さないと見つけられない位です。
穴が空いていた事を知らなければ、まず気付かないでしょう。

思ったこと

購入時価格848円で、ここまで補修出来れば十分満足です。

ちなみに、穴うめ材同士を混ぜて、調色することは可能。
補修後24時間経過すれば、上から塗装も出来ます。

注意点があるとすれば、補修後はゴム程度の強度になること。

壁に空いた穴を補修して、そこにピンを固定することは無理です。(カレンダーとか)

木部の穴うめ材 3色セット M-30のパッケージ

お役に立ったら、シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。