JunPus JP-DX1のレビュー

JunPus JP-DX1のパッケージ

CPUグリス JunPus JP-DX1のレビューをします。
購入時の価格は、1,480円でした。

JunPus JP-DX1のスペック
熱伝導率16W/mk
導電性
容量3g

製品情報ページ(ainex)

スポンサーリンク

レビュー

JunPus JP-DX1の製品内容
製品内容はグリス本体とプラスチック製のへら。

米粒サイズの量を出し、CPUクーラーで押し広げる塗り方で、十分広がってくれます。

へらの出番は無いかもしれません。

2015/03/08追記
塗り直す機会があったので、へら塗りを試してみましたが、結構硬いので厳しいです。
ヒートシンクで押し広げる方法をオススメします。

性能比較

CPUグリス8種類の性能比較結果のグラフ

※検証条件や検証機については、CPUグリス8種類の性能を比較してみたに記載していますので、そちらをご確認下さい。

下記は、先日行ったCPUグリス6製品の性能を比較してみた(2015年9月版)の結果。

CPUグリス6製品の性能比較結果(グラフ)

思ったこと

ナノダイヤモンド入りで、熱伝導率16W/mkというスペックなので、これが一番になるかと思いましたが結果は2位。

2位といっても、1位とは僅差でアイドル時の温度は一番低く収まりました。
十分買いなグリスでしょう。

ただ、16W/mkというスペックに過剰な期待を持つと、ガッカリするかもしれません。

CPUグリス関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。