Pioneer BDR-209JBKのレビュー

Pioneer BDR-209JBKのパッケージ

BDXL対応ブルーレイドライブ Pioneer BDR-209JBKのレビューをします。
購入時の価格は12,490円。

購入動機は使用していたLITEON iHES108の動作が怪しくなっていたから。
症状は、特定のメーカーのDVDだけ認識しないというもの。
何故かSony Pictures製DVDだけパソコンで認識しない件

BDR-209JBKを選んだのは、Pioneer製である点と保証が1年ある点が理由。

バルク品のBDR-209XJBK/WS(ソフト付き)やBDR-209XJBK(ソフト無し)も選択肢に入っていましたが、ショップによって保証期間がマチマチなので、パッケージ版であるBDR-209JBKを選択しました。

Pioneer BDR-209JBKのスペック
インターフェイスSerial ATA Revision 2.6
バッファー4MB
サイズ148 mm x 42.3 mm x 180 mm (W x H x D)
重量740g

メーカー製品情報ページ
商品情報詳細ページ

スポンサーリンク

レビュー

Pioneer BDR-209JBKの製品内容
製品内容は、本体・取扱説明書・アプリケーションディスクの3つ。

<アプリケーションディスク(バンドルソフトウェア)の内容>

PowerDVD 10
Blu-ray,DVD対応の動画再生ソフト
PowerProducer v5
BD/DVDオーサリングソフト
PowerDirector 10
動画編集ソフト
PowerBackup v2
データーバックアップソフト
PhotoDirector 4
写真編集ソフト
Power2Go 8
Blu-ray/DVD/CDライティングソフト
InstantBurn v5
パケットライトソフト
MediaShow 6
画像・映像の管理閲覧ソフト
LabelPrint v2
ディスクレーベルの作成印刷ソフト

バンドルソフトが山盛りです。
全て使いこなす人はそうそういないでしょう。

Pioneer BDR-209JBKのハニカム構造
不要な振動を抑える為のハニカム構造。

Pioneer BDR-209JBKの正面側
Pioneer BDR-209JBKの正面。
一般的な光学ドライブと構成は変わらないと思います。

違うのは、トレー開閉ボタンが若干大きい(厚い)ことぐらい。
押しやすいので、全然問題はありません。

思ったこと

今のところ、BD・DVDの相性問題は出ていません。
私にとっては、それだけで買う価値がありました。

ついでに言うと、ディスク回転の動作音が静かでビックリです。
光学ドライブも進化しているのだなと感じました。

注意点

記事の上の方で触れていますが、バルク品を買う場合は注意が必要です。

ショップによって保証期間が全然違います。
短い所だと、初期不良期間のみという場合もあります。

個人的には、どこで買っても1年保証なパッケージ版(BDR-209JBK)を買うことをオススメします。
価格差も1,000円強程度ですし。