SAMSUNG XP941 MZHPU256HCGL-00004のレビュー

SAMSUNG MZHPU256HCGL-00004本体

M.2接続の高速SSD SAMSUNG XP941 MZHPU256HCGL-00004のレビューをします。

XP941シリーズのインターフェイスは、M.2 2280 (PCI Express2.0 x4接続)。
ラインナップは、下記の3モデル。

  • MZHPU128HCGM-00004 (128GB,Read 1000MB/s,Write 450MB/s)
  • MZHPU256HCGL-00004 (256GB,Read 1080MB/s,Write 800MB/s)
  • MZHPU512HCGL-00004 (512GB,Read 1170MB/s,Write 950MB/s)

現状、販売されているのはバルク品のみ。
ショップによって、保証期間が違うので注意が必要です。

スポンサーリンク

レビュー

<本体>
SAMSUNG MZHPU256HCGL-00004本体

type2280なので、22mm x 80mmなのは分かっていたのですが、思った以上に小さいです。
比較対象は爪楊枝。

<接続後>
SAMSUNG MZHPU256HCGL-00004を接続した様子

取付は、真っ直ぐに挿しこみ、ネジで止めるだけ。
ノートパソコン用メモリ(sodimm)の様に、斜めに挿すのはNG。

256GBをWindows上でフォーマットすると、238GBとなります。

<MZHPU256HCGL-00004のベンチマーク(空+ランダム)>
MZHPU256HCGL-00004のベンチマーク結果(空+ランダム)

<MZHPU256HCGL-00004のベンチマーク(空+0Fill)>
MZHPU256HCGL-00004のベンチマーク結果(空+0Fill)

<MZHPU256HCGL-00004のベンチマーク(OS入り+ランダム)>
MZHPU256HCGL-00004のベンチマーク結果(OS入り+ランダム)

<MZHPU256HCGL-00004のベンチマーク(OS入り+0Fill)>
MZHPU256HCGL-00004のベンチマーク結果(OS入り+0Fill)

ベンチマーク結果は非常に優秀です。
流石にM.2 (PCI Express2.0 x4接続)だけの事はあります。

ただ、正直な所、ほとんど体感は変わりません
※以前は、CFD CFD CSSD-S6T128NHG5Q (128GB,Read 530MB/s,Write 490MB/s)を使用。

そんな馬鹿なと思い、起動時間を計測しましたが誤差の範囲でした。

起動時間比較
MZHPU256HCGL-00004 CSSD-S6T128NHG5Q
起動時間 30秒 31秒

※Windows 7環境で計測

Fast Bootを使用出来る、Windows 8で計測すれば、もっと大きな差が出るかもしれません。

液晶ディスプレイの表示が間に合わないとのレビューもありますし。
ASRockのZ97最新機能「ウルトラM.2スロット(Ultra M.2 Socket)」速攻検証!

まとめ

新しめのSATA3接続SSDからですと、乗り換えても微妙な感じに終わるかと思います、Windows 7環境の場合。

HDDにOSを入れていた方は、選択肢としてありかもしれません。
ただ、SATA3のSSDに比べてコスパは悪いです。

M.2の良い所は、SATAポートを使わない、ケーブルが必要ないといった所でしょうか。

ただし、M.2スロットの配置によっては、ビデオカードの排熱を直に受けることになります。

M.2 SSDの耐久性がどの程度か分からないので、その点は心配です。
バルクなので、保証も長くありませんし。

注意点

XP941シリーズは、PCI Express2.0 x4 (20Gb/s)です。
通常のM.2スロット(10Gb/s)では、頭打ちになり、性能を生かし切れません。

PCI Express2.0 x4 (20Gb/s)か、PCI Express3.0 x4 (32Gb/s)対応のM.2スロットで使用して下さい。

補足

ベンチマークには、CrystalDiskMarkを使用しました。

<計測環境>
CPU:Intel Core i7 5960X
M/B:ASRock Fatal1ty X99 Professional
MEM:G.Skill F4-2400C15Q-16GRB
VGA:EVGA GeForce GTX 780 Ti Dual Classified
SSD:SAMSUNG MZHPU256HCGL-00004
OS:Windows 7 Professional 64bit

SAMSUNG MZHPU256HCGL-00004本体

お役に立ったら、シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。