CRYORIG LGA2011-3無料アップグレードキット配布をアナウンス

自作PCのアイキャッチ

CPUクーラーメーカーのCRYORIGがLGA2011-3無料アップグレードキット配布をアナウンスしました。

LGA2011とLGA2011-3のネジ穴の位置は同じなのに、何故アップグレードキットが必要なの?と思った方もいるでしょう。

確かにその通りで、大抵の場合アップグレードキットは不要です。
ただし、ASRockのX99マザーボードは例外となります。

何故、例外かと言うと、ASRock製X99マザーボードのネジ穴がマザーボード本体を貫通していないから。

ネジ穴が貫通していない事により、CPUクーラー固定用ネジがマザーボードと接触して、CPUソケットカバーが浮き上がる,CPUクーラーが正しく固定出来ない等の現象が起こります。

詳しい説明は、瀬文茶氏によるLGA2011 v3でのクーラー取り付け部分の仕様変更の解説(Togetter)をご覧下さい。

スポンサーリンク

申し込み

CRYORIG Provides Free LGA2011-3 Upgrade Kitをお読みになり、申し込んで下さい。

CRYORIG製品の登録コード、X99マザーボードの購入証明書が必要になります。

2014/10/02追記
代理店DIRACのサイトに詳しい申し込み手順が記載されました。

思ったこと

これはCRYORIGだけでなく、他社のCPUクーラーでも起こる問題です。
固定用ネジが長い場合は、特に注意が必要。

私が気がかりなのは、購入予定のASRock Fatal1ty X99 Professionalの発売が延期になったりしないかどうか?

既に一度、発売延期になっているので、これ以上の延期は無いと思いたいです。

追記

2014/09/20追記
ASRock Fatal1ty X99 ProfessionalのCPUクーラー穴は貫通(膜あり)タイプ

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。