X99マザーボード M.2帯域早見表

自作PCのアイキャッチ

現時点(2014/09/13)で発売・発表されているX99マザーボードのM.2帯域早見表を作成しました。

M.2接続のSSDを導入予定の方は、マザーボード購入前に、ぜひご覧下さい。
※特にXP941シリーズを導入予定の方

ASRock

マザーボード名帯域
X99 OC Formula32Gb/s + 20Gb/s
Fatal1ty X99 Professional32Gb/s + 20Gb/s
Fatal1ty X99X Killer32Gb/s
Fatal1ty X99M Killer32Gb/s
X99 WS32Gb/s
X99 Extreme632Gb/s
X99 Extreme432Gb/s
X99M Extreme432Gb/s
X99 Extreme332Gb/s

ASUS

マザーボード名帯域
X99-A32Gb/s
X99-DELUXE32Gb/s (オンボード&PCIEカード)
RAMPAGE V EXTREME32Gb/s
X99-E WS32Gb/s

GIGABYTE

マザーボード名帯域
GA-X99-Gaming G1 WIFI10Gb/s
GA-X99-Gaming 7 WIFI10Gb/s
GA-X99-SOC Force20Gb/s
GA-X99-UD7 WIFI10Gb/s
GA-X99-Gaming 510Gb/s
GA-X99-UD5 WIFI10Gb/s
GA-X99-UD310Gb/s
GA-X99-UD410Gb/s

MSI

マザーボード名帯域
X99S XPOWER AC32Gb/s
X99S MPOWER32Gb/s
X99S GAMING 9 AC32Gb/s
X99S GAMING 732Gb/s
X99S SLI PLUS32Gb/s
スポンサーリンク

補足

通常のM.2の帯域は10Gb/sで、PCIe 2.0 x2 。
Gigabyte以外のメーカーが採用している32Gb/sは、PCIe 3.0 x4。
ASRockの2機種で搭載されている二本目のM.2 20Gb/sは、PCIe 2.0 x4相当となります。

※マザーボードによって、排他利用となるPCIeスロット・SATA・SATA Expressポートが違うので、各メーカー製品情報ページでご確認下さい。

注)EVGAは、M.2の帯域に関する明確な記載が見当たらなかったので、省いてあります。

思ったこと

こうして表にしてみると、GIGABYTEの出遅れ感というか、残念仕様が浮き彫りになりますね。

どうせなら、全てを20Gb/s対応M.2にすれば良かったのに。

とは言っても、現状M.2 (10Gb/s)がボトルネックになるSSDは、Samsung XP941シリーズぐらいしかありません。

ただ、将来性を考えるとGIGABYTEは選びにくいかなと思います。
※GA-X99-SOC Forceを除く

超高速なM.2 SSDを買っても、マザーボード側が対応出来ないのでは、話になりませんし。

その時になったら、マザーボードを買い替えるって方は良いでしょうが。

自作PCのアイキャッチ

お役に立ったら、シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。