Haswell-E TIMをハンダからグリスに変更?

自作PCのアイキャッチ

Haswell-Eシリーズの発売日(2014/08/29:日本時間で30日?)まで一週間となり、非常に残念なニュースが届きました。

そのニュースとは、Haswell-EのTIMがハンダからグリスに変更?されたという事。

以前にHaswell-Eグリス説が出た時は、ES品の殻割り画像(ハンダTIM)が公開され、噂は一蹴されました。
Intel’s Flagship Haswell-E Core i7-5960X Processor De-Lidded — Features Soldered Thermal Interface Material

ただ、発売前にこういった情報が出てくるということは、ES品から製品版で変わったということなのかもしれません。

このニュースの発端となった記事は下記。

なお、IvyBridge-Eまではヒートスプレッダとダイの間はハンダ付け(ソルダリング)されていたが、MSIによるとHaswell-Eではグリスに変更されているという。

MSI、動画ストリーミングエンジン搭載のX99ゲーミングマザーなど~オーバークロック向けのXPOWERは「殻割りダイ・ガード」付きより引用

スポンサーリンク

思ったこと

本当にハンダからグリスに変わったのだとすれば、残念です。
私は定格派ですが、冷却能力の低下を若干懸念しています。(室温的に)

オーバークロックをする方は、私より残念に思っていることでしょう。
もしかすると、購入をやめるという方もいるかもしれません。

そこまで行かずとも、Haswell-Eを殻割りする勇者の登場まで様子見という方は確実に増えたでしょう。

私の場合、M.2スロットを使ってみたいので、買うのをやめるという事はありません。

ただ、マザーボードとメモリの揃い具合によっては、様子見をする可能性は残っています。

追記

2014/08/31追記
5820Kを殻割りする勇者が2人現れました。
その結果は、両方ともにハンダ。

お二方の内の一人(瀬文茶氏)が、twitter上で殻割り画像を公開されています。
https://twitter.com/sebuntya/status/505991275544190976/photo/1

2014/09/01追記
関連記事
“Haswell-Eはソルダリング”、MSI内部のオーバークロッカーが明かす (PC Watch)

2014/09/02追記
インテルが公式にソルダリング(ハンダ)と解答した様です。
上記記事内の最下部に追記があります。

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。