今年一番驚いた事 2014

戸当り

私、九荻 新(くおぎ あらた)が今年一番驚いた事 2014を紹介します。

相当しょうもない話なんで、覚悟してお読み下さい。
最後まで読んで、後悔しても知りませんよ。

では、始めます。

とある日に、私はフローリングに寝転んで本を読んでいました。
その時、たまたま戸当りが目に入ったんです。

戸当りとは、ドアが開きすぎた時に、壁を傷付けない為のアレです。

ドアの上の方に付いてる突っ張り棒タイプ、床から出っ張っているキノコ型、床に埋め込んであるマグネット式と色々タイプがあります。

戸当りが何か分かった所で、話を進めますね。

普段、まじまじと見る機会がない物なんですが、ちょっとの間眺めました。

そうすると、黒いゴムの上にある金属部分(画像の赤枠部分)が気になったんです。

戸当りのボタン

なんかボタンみたいだったので、上から押してみました。

戸当りのボタンを押した所

すると、ドア固定用のフックが連動して、上がりました。

私の心の中は、何だと。という気持ちでいっぱいに。

普通の事だろと思ったあなたは正しい、ただ私は知らなかったのです。

今までずっと、下記画像の様に直接フックを触って上げていました。

戸当りのフックを上げた所

恥ずかしながら、この家に住んで8年強も経っているのです。

こんな仕組みがあるなんて考えもしなかったので、本当に愕然としました。

思ったこと

普段、いかに適当に(無意識)に動作を行っているか、注意力散漫に生きているかを思い知らされた出来事でした。

2014年も残り5ヶ月程ですが、たぶんこれより驚くイベントはないでしょう。

これが一番なんて、しょうもなさ過ぎて涙がでます。

戸当り

お役に立ったら、シェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)