CPUクーラーを掃除して、温度を下げよう

掃除前のCPUクーラー

あなたがCPUクーラーを掃除したのは、いつですか?
綿埃で目詰まりしたままになっていませんか?

たまには掃除してあげないと、冷却効率が落ちてしまいますよ。

というわけで、この記事ではCPUクーラーの掃除方法とその効果を紹介します。

スポンサーリンク

CPUクーラーの掃除方法

<掃除に必要なもの>

  • エアダスター
  • 無水エタノール
  • ガーゼ・綿棒など

1.PCの電源を入れて、軽くクーラーを温めます。

これは、グリスの固着対策です。

2.PCの電源を切る。

ショート防止にケーブルを抜いてしまいましょう。

3.冷めない内にCPUクーラーを取り外します。

4.CPUとクーラー側の接触面のグリスを落とします。

無水エタノール+ガーゼを使えば、簡単に落ちます。
細かい所は綿棒でフォロー。

キムワイプでも可。
ティッシュも使えますが、繊維が残ることがあります。

5.CPUクーラー、ファンのホコリを落とします。

エアダスターである程度の埃は、飛ばせます。
しかし、頑固なものは落ちません。

そういう時は、雑巾か何かで拭きましょう。
濡れ雑巾を使う場合は、固く絞って下さい。

それでもヒートシンクの埃が落ちない場合は、水洗いするのも有りです。
※ファンと分離出来る製品に限る。

ヒートシンクを水洗いした場合は、しっかり乾燥させて下さい。
早く乾かしたい人は、ドライヤーや浴室乾燥機を使うと良いでしょう。

6.CPUにグリスを塗ります。

私は米粒大のグリスを中心に落とすだけにしています。
CPUクーラーを装着すると、自然に広がってくれます。

使っているグリスは、AINEX AS05。

7.CPUクーラーを取付けて、ファンケーブルを接続して終了です。

<CPUクーラー掃除前>
掃除前のCPUクーラー

<CPUクーラー掃除後>
掃除後のCPUクーラー

CPUクーラー掃除の効果検証

アイドル時とフルロード時(使用率100%)のCPU温度を、掃除の前後で計測して効果を検証しました。
OCCTを使って、負荷をかけています。

<環境>
CPU:Intel Core i7 3930K(6コア12スレッド)
CPUクーラー:noctua NH-D14 SE2011
室温:30.0℃

CPUクーラー掃除の効果
6コアの平均温度
アイドル時(掃除前) 36.67℃
アイドル時(掃除後) 34.5℃
フルロード時(掃除前) 56℃
フルロード時(掃除後) 55.17℃

まとめ

アイドル時で-2.17℃、フルロード時で-0.83℃という結果になりました。

アイドル時で2℃以上落ちたのは、まずまず良い結果だと思います。
欲を言えば、フルロード時ももう少し冷えて欲しかったですが。

目詰まりしているようなクーラーなら、もっと大きな効果があるかもしれません。

これから暑くなる季節(現在7月半ば)ですし、あなたもCPUクーラーの掃除をしてみてはいかがでしょうか?