東プレ Realforceのレビューと魅力

東プレ Realforce本体

いちユーザーとして、東プレ Realforceのレビューと魅力を紹介します。

知らない方もいるでしょうから、一応説明しておきます。

東プレ Realforce(通称リアフォ)とは、お高めのキーボードです。
モデルにもよりますが、価格は一万数千円~ニ万円台半ばとなります。

普通の安いキーボードなら、千円以下で買えるので、高級キーボードと言って差し支えないでしょう。

そんな高い金を払って買う価値あるの?と思ったそこのあなた、ぜひこの記事を読んでいって下さい。

もしかすると、価値や魅力の一端が見えるかもしれません。

東プレ Realforce公式サイト

スポンサーリンク

東プレ Realforceのレビュー

東プレ Realforceのパッケージ

パッケージは非常に簡素で、印刷も無く、スペックと型番が書かれたシールが貼ってあるだけ。
付属品も取説兼保証書1枚のみ。

高いキーボードなのだから、パッケージも凝って欲しいと思うかもしれませんが、そんなもんです。

キーボード本体に価格ほぼ全ての価値が詰まっていると思って、気を静めましょう。

東プレ Realforce本体

私が使用しているのは、Realforce108UDK SJ38C0。

日本語配列108キー かななし昇華印刷 墨モデル。
USB接続で、荷重はALL30g。

購入時の価格は、19,000円位だったと思います。

本体重量は、約1.4kg。
どっしりしているので、ゲーミングキーボードとして使っても微動だにしません。

東プレ Realforceの裏側

ケーブル長は、約1.6m。
左右どちらにも、ケーブルを取り回すことが出来るので、パソコンが机のどちら側にあっても困りません。

背面にはスタンドが付いており、水平と角度ありの二段階で調整出来ます。

東プレ Realforceのスイッチ

スイッチは、静電容量無接点方式
機械接点が無いため、静かで耐久性に優れるとされています。

実際、キー入力音は静かです。
底打ちしないタイピングをすれば、さらに音を小さく出来ます。

耐久性に関しても、現状問題ありません。
2年半以上使用していますが、動作に関するヘタリは無し。

キー印刷のかすれも無し。
ただし、よく押すキー(特にEnter)に使用感が出ています。

補足

ゲーミングキーボードとして使えるかどうかですが、個人的には問題無いと思います。
Realforceで、ゲームをしていて不満に思ったことはありません。

ただ、打鍵感が非常にソフトで、キー入力される位置とされない位置の境目が曖昧です。

その点が気になる人、カチッとした感覚が好みの方は、メカニカルスイッチキーボードの方が良いかもしれません。

Realforceの魅力

色々と魅力はありますが、私が挙げるのは以下の2点です。

  • 疲れにくさ
  • 滑らかさ

以前使っていたメカニカルスイッチ(黒軸)のキーボードと比べると、圧倒的に疲れにくいです。

指が疲れて、キーボードを触りたくなくなる感覚に陥ることが皆無。

誇大広告とかではなく真面目な話、Realforceなら一日10時間以上使っていても疲労感がほとんどありません。

金融機関や証券会社などで使われるというのも納得の出来です。

2つ目の滑らかさは、説明するのが少し難しいです。

滑らか過ぎて気持ち悪い(良い意味で)マジシャンの指の動き、ああいった感覚でタイピング出来ると思って下さい。

吸い付くようなという表現が近いでしょう。

実際にRealforceを使ってみると、言わんとすることを分かってもらえると思います。

Realforceの欠点

欠点は、Realforceが快適過ぎて、他のキーボードを使うのがストレスになるかもしれない点。

私の場合は、ノートPCで多く使われているパンタグラフ式キーボードが苦手になりました。
たまに使うと、イラッとします。

まとめ

Realforceを買ったからといって、文章が面白くなったり、上手くなったりはしません。
タイピングスピードが劇的に改善する事も無いでしょう。

それでも私は、Realforceをオススメします。
値段以上の価値が確かにあります。

貧乏臭い話ですが、日割り計算をしてみましょう。
購入時の価格19,000円を、保証期間(1年=365日)で割ると、約52円
私の使った期間(2年半=912.5日)で割ると、約21円

1日52円~21円で、超快適なキーボードが手に入ると考えれば、安いと思いませんか?

まだ、Realforceを買うか迷っている方には、この言葉で背中を押したいと思います。

YOU Realforce買っちゃいなよ。