Evernoteでほしい物リストをまとめよう

Evernoteのほしい物リスト化

各ショップのほしい物リストやブックマークを放っておくと、何をどこのショップに登録したのか分からない、フォルダ内が散らかり分かりにくいなどの弊害が出てきます。

そういった事への対策として、Evernoteでほしい物リストをまとめてしまおうというのが、この記事の趣旨です。

Evernoteにまとめる事によって、以下の効果が期待できます。

  • ほしい物の管理が簡単になる
  • 画像付きなので、パッと見で分かりやすくなる
  • 自分専用カタログを作るのは楽しい
  • Evernote初心者の方は、使い方を学べる
Evernoteのほしい物リスト化
スポンサーリンク

ほしい物の追加手順

Evernote公式サイトでアカウント登録を済ませ、Evernote デスクトップ版Webクリッパーをインストールしている事を前提に進めていきます。

1.Evernote デスクトップ版を起動します。

Evernoteにほしい物を追加する手順01

2.新しいノートブックを作成する。

ノートブック>ノートブックの作成の順にクリック。
最初からあるノートブックの名前を変更する形でも構いません。

Evernoteにほしい物を追加する手順02

名前には、ほしい物リストでもウィッシュリストでも好きなものを。
種類は同期ノートブック。

このノートブックをデフォルトにするにチェックを入れた方が作業しやすいです。

Evernoteにほしい物を追加する手順03

3.ほしい物リストに加えたい製品のページに行きます。

ショップページや価格比較サイト等でも構いません。
今回は例として、EVGA公式サイトの製品ページを使用しています。

Evernoteにほしい物を追加する手順04

4.Evernoteに表示したい画像の上で右クリック>Evernoteに追加>画像をクリップ。

ページをクリップでも可。
ただし、Evernote上で文字が表示され見にくくなります。

月間アップロード容量のことを考えると、画像だけの方が良いと思います。

Evernoteにほしい物を追加する手順05

5.Evernote デスクトップ版で編集を行います。

①をクリックしてタグを付けます。
タグは大きな分類と小さな分類で付けると、後々管理しやすいです。

②URLは画像をクリップしたページのものが保存されます。
通常は、変更する必要がありません。
画像ページが独立している場合は、変更した方が良いでしょう。

③タイトル(名前)は、製品名を付けるのが一般的でしょうか。
管理しやすいもので構いません。

【編集前】
Evernoteにほしい物を追加する手順06

【編集後】
タグ付け、タイトル変更を行いました。
Evernoteにほしい物を追加する手順07

注)クリップした画像が表示されない場合は、上部の同期ボタンをクリック。
Evernoteにほしい物を追加する手順08

使い方

初心者の方が、最低限覚えていた方が良いことは3つです。

Evernoteほしい物リストの使い方01

タグ検索

タグアイコンをクリックすることで、タグ検索(絞り込み)を行えます。
Evernoteほしい物リストの使い方02

ブラウザで開く

URLをクリックすると、クリップ時に登録したURLが、既定のブラウザで開かれます。
下向き三角をクリックすれば、URLの再編集が可能です。
Evernoteほしい物リストの使い方03

表示方法の変更

アイコンクリックで、表示を変更出来ます。
表示方法は、リスト、サマリー、カードの3種類。

割とキレイに画像が縮小されるので、個人的にはサマリーが使いやすいかなと思います。
Evernoteほしい物リストの使い方04

【リスト表示】
Evernoteのリスト表示

【サマリー表示】
Evernoteのサマリー表示

【カード表示】
Evernoteのカード表示

まとめ

ほしい物リストをまとめてみて思ったことは、Evernote便利かもってことです。

初歩の初歩なのでしょうが、初心者の私には、Evernoteの使い方の勉強にもなりました。
ほしい物リストのまとめ作業は、Evernoteを初めて使う方にオススメです。

Evernoteほしい物リストの使い心地は、上々

パッとほしい物を確認出来る点、管理がしやすい点が良い。
登録URLも開けるので、個人的に必要な機能はほぼ備えているかなと思います。

リアルタイム価格表示機能があったら最高のほしい物リストですが、それは贅沢言い過ぎですね。

価格比較サイトのURLをクリップ時に登録しておけば、ワンクリックで値段確認出来るので、それで良しとします。

補足

ほしい物リストやブックマークは、出来る限りまとめた方が楽ですが、全てをEvernoteに統合する必要はありません。
そこは、個人のさじ加減です。

私の場合は、amazon.co.jpのほしい物リスト + Evernoteにそれ以外のほしい物リストといった環境にしています。

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。