HAKUBA 4段三脚 W-312のレビュー

HAKUBA W-312

HAKUBA 4段三脚 W-312を買ったので、簡単にレビューをします。

購入用途は、室内での動画、写真撮影(コンパクトデジタルカメラ)の固定が主。

ミニ三脚の購入も検討しましたが、こちらの方が安く、自由が効くのでやめました。
購入時の価格は、997円でした。

スポンサーリンク

レビュー

HAKUBA W-312の商品内容
商品内容は、本体、キャリングケース、取扱説明書のみ。

HAKUBA W-312の固定部
固定部はプラ製で、開閉するタイプ(レバーロック)です。

HAKUBA W-312の水準器
簡易水準器が付いています。
合わせるのが難しいです。

HAKUBA W-312のシュープレート
カメラの取付部分(シュープレート)は、取り外し可能。

HAKUBA W-312のタテ位置
カメラの向きはタテ位置、約90°まで調整可能。
下のネジがぶつかりそうに見えますが、きちんと閉めれば問題ありません。

寸法、重量の計測結果は以下。( )内はメーカー公称値です。
※参考程度にして下さい。

  • 重量 690g (730g)
  • 最低高 406mm (410mm)
  • 最大高 1295mm (1285mm)
  • 縮長 440mm (440mm)

気になった所

雲台の動きがギコチナイ
引っ掛かる感じの箇所があります。

またパッケージには、下記の注意書きがありました。

ビデオカメラをお使いになる方へ
本製品はビデオカメラに対応しておりますが、操作時の振動や、可動部分からの音がビデオカメラのマイクから録音される場合があります。
あらかじめご確認のうえお使いください。

まとめのようなもの

ちょっと固定出来ればいい、私の用途には十分な出来です。
安かったですし、非常に満足しています。

ライトユーザーなら外へ持ち出しても、別段不満はないかと思います。

ただ、高いカメラ、重いカメラを乗っけて使うには、心もとない感じです。
不安定とは言いませんが、本体重量も軽いですし、足はアルミ製で華奢なので。

また、振動吸収性を期待する様な方には、向かないでしょう。
そういった方は、もっとしっかりとした三脚を購入することをオススメします。