GIGABYTE GV-N78TGHZ-3GDのレビュー

GIGABYTE GV-N78TGHZ-3GDを買ったので、レビューをします。

GTX 780 Ti搭載の空冷ビデオカードとしては、この製品が現時点で最速となります。

※水冷ハイブリッドを含めると、Inno3D iChill GTX 780 Ti Accelero Hybrid (C78TP-1SDN-L5HSX)の方がメモリクロック分、高速です。

スポンサーリンク

レビュー

私の買った個体は、ASIC 69.1%で、ブースト時はコアクロックが1,215MHzまで自動で上がりました。
※メーカー公称値は、1,150MHz。

WINDFORCE 3X 450Wクーラーは、冷却性、静音性ともにまぁまぁ優秀だと思います。

アイドル時34℃、ベンチマーク時76℃(室温24℃で計測)。

今の季節だとベンチマーク時でもゆるゆる回っていて、全然気にならないレベルのファン音です。

ただ夏にクーラー無しで運用となると、音量的にも冷却的にも厳しいでしょう。
ファンが小径なので、回転数が上がると気になるレベルの音になります。

クーラーは内排気タイプで、サイドパネル方向への風量が多くなります。
サイドにファンを取付けられるなら、排気にした方がエアフローを乱しません。

GPU性能申し分ない
下のベンチマークは、GTX 680高クロック版 EVGA GTX 680 Classifiedとの比較。

GTX 680 Classified GV-N78TGHZ-3GD
FireStrike 6,953 10,891
FireStrike Extream 3,453 5,562
HeavenBenchmark 1920×1080 946 1,686
HeavenBenchmark 2560×1440 566 1,060

3DMark FireStrikeで1.58~1.61倍
Unigine Heaven Benchmark 4.0では、1.78~1.87倍のスコアが出ました。

GTX680から乗り換える価値のある性能です。
ただClassifiedからですと、メモリ容量が4GBから3GBに減ります。

SkyrimでMODをモリモリ使う様な人は、GTX 780tiの6GBモデルを待つのもあり。
ここまで高クロックの6GBモデルは出ないでしょうが。

画像と補足

GIGABYTE GV-N78TGHZ-3GD本体表側
ファンは半透明で、中央の軸部分は光の加減(反射)で色が変わります。

重量は1kg超あります。
場合によっては吊ったり、支えたりした方が良いかもしれません。

WINDFORCEと書いてある部分は、約2cm程ブラケットより長くなっています。
小さいケースを使う場合は、注意が必要です。

GIGABYTE GV-N78TGHZ-3GD本体裏側
バックプレート標準搭載で、冷却能力の向上が図られています。

GIGABYTE GV-N78TGHZ-3GD本体サイド
補助電源端子は、サイドパネル方向に付いています。

GIGABYTE GV-N78TGHZ-3GDの付属品
付属品は非常に少なく、クイックガイド、ドライバーCD、ペリフェラル4pin x2 to PCI-E 8pinが2本だけ。

GIGABYTE GV-N78TGHZ-3GDのスペック
GPU Nvidia GeForce GTX 780 Ti
コアクロック(Boostクロック) 1085MHz(1150MHz)
メモリ容量(バス幅) GDDR5 3GB(384bit)
メモリクロック 7000MHz
補助電源 8pin x2
サイズ(幅x長さx厚さ) 129mm x 292mm x43mm
スロット占有数 2スロット
出力端子 DVI-I,DVI-D,HDMI,DisplayPort

メーカ製品情報ページ

注意点

この記事のベンチマーク結果は、なんとか完走できた時のものです。

というのもGIGABYTE GV-N78TGHZ-3GDは、2ch、海外のフォーラムやショップの製品レビュー等で不具合が報告されています。

内容としては、描画の乱れやベンチマークの未完走(クラッシュ)など。
かくいう私の買った個体も同様の症状が出て、初期不良で返品、返金となりました。

HeavenBenchmark4.0、3DMARK、3DMARK11の全てで症状を確認。
他にはブラックアウト、ドライバーの応答停止にも遭遇しました。

GIGABYTE GV-N78TGHZ-3GDクラッシュ画像01
GIGABYTE GV-N78TGHZ-3GDクラッシュ画像02
上記画像は、HeavenBenchmarkをコマ送りにして切り取った描画の乱れです。
実際のベンチマーク上では、一瞬黒線や三角のひび割れが入った様に見えます。

まとめ

どうしても性能を追い求めたいなら止めません、でもオススメもしません。
一応、注意点のことは頭に入れておいた方が良いでしょう。

単純に私の運が悪かっただけの可能性も勿論ありますが、無視できるほど少ない報告数でもありません。

GV-N78TGHZ-3GD crashで検索GV-N78TGHZ-3GD unstableで検索すると、不具合についてのレビューや動画なんかが引っ掛かります。

動作チェックにはかなり骨が折れましたが、タダでレビューを書けたと思って良しとします。

GIGABYTE GV-N78TGHZ-3GDの代わりに、EVGA GeForce GTX 780 Ti Dual Classifiedを買ったので、届いたらレビューを書く予定です。

2014/04/27追記
レビューを書きました。
EVGA GeForce GTX 780 Ti Dual Classifiedのレビュー