WinRARを5.01に更新したら、かなり高速化されていた件

PCソフトウェアのアイキャッチ

ファイルの圧縮・解凍ソフト、WinRARを更新したら、エラく速くなったと感じたのでベンチマークをとってみました。

今回比較したのは、バージョン5.014.11の2つ。
5.01は、2013/12/14にリリースされていたのですが、全然気付きませんでした。

スポンサーリンク

ベンチマーク

10,000個のjpgファイル(1.64GB)を圧縮、解凍するスピードを計測、比較しました。
両方64bit版で、圧縮方法は標準、書庫形式はRAR。

5.01 4.11
圧縮 63秒 114秒
解凍 23秒 27秒
圧縮後サイズ 1.41GB 1.41GB

まとめ

解凍では少しの差ですが、圧縮はかなり高速化されています。

10,000個のファイルを圧縮する機会はそうそうないでしょうが、通常使用で速くなったことを体感できる位には違いがあります。

ライセンスを持っていれば、更新は無料なので、アップデートしない手はありません
まだの方には更新することをオススメします。

ダウンロードは、WinRAR in Japan or RarLabで行えます。

注意点

WinRAR 5.01には、新たな書庫形式としてRAR5が追加されています。
このRAR5で圧縮された書庫は、対応ソフトでないと解凍できません。

また対応ビューアでないと、RAR5書庫のまま、直接開くことはできません。
※通常のRARで圧縮した場合は問題ありません。

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。