【ハンパなく肌に優しい】PHILIPS AT891のレビュー

PHILIPS AT891のパッケージ

PHILIPS(フィリップス)のシェーバー、アクアタッチ AT891を購入したのでレビューをします。

当初、レビュー予定は無かったのですが、あまりにも良かったので記事にしました。
ここ2,3年で買った物の中で、一番の大当たりかもしれません。

PHILIPS アクアタッチ AT891 メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

レビュー

このシェーバーはホント凄い。
剃っても全然ヒリヒリしない、赤くならない、超肌に優しい

T字カミソリ、一般的な形のシェーバーに比べたら、ヒリヒリ度は十分の一以下です。

初見で作りが安っぽいって思ってごめんなさい。

状況に応じてドライ、ウェットのどちらでも剃れるのは非常に便利。
防水仕様で風呂場でも使えます。
丸洗いも出来るので、掃除が楽チンです。

個人的にはウェットをオススメします。
マッサージをするように、軽くスベらせるだけで、滑らかに剃れます。

ドライだとスムーズさが無くなるので、性能を使い切れていない感じです。

このタイプのシェーバーを使った事が無かったので、どういう構造になっているのか、本当に剃れるのかが疑問でしたが、買って実物を見て、更に使って納得しました。

PHILIPS AT891の表面構造
3つの金属部分の丸穴で垂直なヒゲを捉え、波状部で寝ているヒゲを起こして剃るというのが基本構造です。

3ブロックの中心付近を押すと、ブロックの角度が変わります(内側にへこむ)。
更に各金属部分にも遊びがあり、柔軟に角度が変わるように出来ています。

この構造によって、肌の丸みに沿わせることが可能になっています。
アゴの下、鼻の下なんかもバッチリ剃れます。

裏面の様子
PHILIPS AT891の裏面構造

中心部を左にひねると刃を取り外せます。
清掃や刃の交換時に使用します。
AT891の替刃は、PHILIPS HQ8/51です。

トリマーは、通常閉じた状態です。
PHILIPS AT891のトリマー(閉じた状態)
刃の下部を下に押すと、刃が現れます。
PHILIPS AT891のトリマー(開いた状態)
角度は、本体とほぼ直角。
PHILIPS AT891のトリマーの角度

トリマーは扱いが非常に難しいです。
モミアゲ表面の長い毛を少し短くしたり、周りの産毛を取り除くのには向いてます。

しかし、モミアゲ本体には使わないほうが良いでしょう。
下手に使うと残念なモミアゲになります。

私はエライことになりました。
新しい毛が生えるまで、床と水平なモミアゲです。

付属品は、携帯時用のカバー、ブラシ、充電コード、保証、マニュアルとなっています。
カバーは、本体を持ち運びする時、刃を保護するために使います。
PHILIPS AT891の付属品一覧

まとめ

肌が弱い人、すぐ赤くなる人は、大いに試す価値ありです。
トリマーが必要なければ、下位モデルにAT758とAT757があります。
AT758とAT757の違いは色のみ(青と赤)で、性能は同じ。

敢えて欠点を挙げるとすれば、深剃りにはあまり向いていないということ。

十分実用レベルですが、T字や一般的なシェーバーと比べると、剃り心地は若干浅めです。
剃った後の感触を比べるとそう感じます。

ABOUTこの記事をかいた人

九荻 新

1983年生まれのおっさんブロガー。 自作PC、ハードウェア、ソフトウェアの役立つメモ、レビュー、ニュースをお届けします。