SSD TURBO BOOSTの効果が出ない場合の対策

SSD TURBO BOOSTで設定を行ったのに効果がベンチマークに反映されない時があります。
この記事では、その対策方法を紹介します。

スポンサーリンク

対策方法1

一つ目はいたって簡単、単純にパソコンを起動してから5分以上待つだけ。
その後にベンチマークを取って下さい。

これでうまく反映されていた場合は、設定自体は上手くいっています。
単にスーパドライブPFBの設定画面を見落としていただけです。

PFB Controlの最下部にはこう書いてあります。

”安全確保のため、起動後5分間は、メモリに溜まったデータを速やかにディスクに書きます。この間、ベンチマークテストの成績が悪くなります。” 

PFB Control設定画面

対策方法2

対策方法1で上手く効果が反映されなかった場合は、設定ミスの可能性が高いです。
特にWriteは問題無いけど、Readのベンチマーク結果が伸びないという場合は。

こういう時は再設定を行うのが、解決への近道です。
まず、PFB Controlを起動して下さい。
※手順2,3は、変更の必要がなければ飛ばしてOKです。

PFB Control起動後の設定手順

  1. 自動設定をクリックして、スタンダード設定 or ヘビー設定をクリック
  2. メモリ割り当て量を変更
  3. キャッシュのディスク反映時間を変更
  4. 設定をクリック
  5. パソコンを再起動
PFB Control設定手順

ここまで再設定は終了です。
再起動後、5分以上待ってからベンチマークを計測して下さい。

対策方法3

2014/03/22に遭遇したトラブルは、標準や高速設定では反映されるものの、RAMDISKにするとReadが落ちるという現象。

現時点で最新(私の場合は140306版)のRAMDAを再インストールすることで反映されるようになりました。

再インストール前に、PFB側とRAMDA側両方の設定を色々試してみましたが上手く行きませんでした。

あれこれ試すよりは再インストールをすることをオススメします。

SSD TURBO BOOST関連記事