【ヘッドホン掛け】バナナスタンドの次はワインスタンドだ

ヘッドホン掛けとしてバナナスタンドが、一部の人達の間で流行ったことがあります。
それを見て100均に行ってみたら置いてなかった、そんな人結構いるのではないでしょうか?

私もその一人で、仕方ないので代用品を探してみました。
代用品はタイトル通りワインスタンドです。
正式名はワインラック(Wine stand) 2。(ダイソーで105円)

ダイソーワインスタンド2

これの良い点は、フック型バナナスタンドと違い、線で支えることが出来る所。
点で支えるタイプに比べて、凹みが付きにくくなります。

悪い点は少し加工が必要なこと。未加工だと、ヘッドホンが滑り落ちます。
加工と言っても、基本手で曲げるだけですが。

スポンサーリンク

加工方法

ワインスタンド加工前

輪っかの部分を上方に曲げます。
結構固めなので、手袋やペンチなどを使ったほうが良いかもしれません。

ワインスタンド加工後

輪っかが床と平行か、それよりちょっと上向き程度にすると丁度よい感じになります。
この時点で、ヘッドホンスタンドとして十分使えるのですが、もう少し加工を続けます。

線で支えるのは、凹みが不安という方向けの加工です。
今回は家にあったスポンジの水切りマットを使用。

スポンジの水切りマット

水切りマットを適当大きさに切り、上下から挟み込みます。
接着には瞬間接着剤を使用しました。両面テープでは上手くいかなかったので。

ワインスタンド加工後 横向き ワインスタンド加工後 正面

こうすることで、ヘッドホンを面で支えられるようになります。
適度な柔軟性があるので、ヘッドホンの形に沿ってくれます。
凹みの心配も減るでしょう。

ワインスタンド加工後 横向き with ヘッドホン ワインスタンド加工後 正面 with ヘッドホン

まとめ

加工後の感想は、”見た目のクオリティが低すぎる”です。
もちろんヘッドホンスタンドとしては、有用なのですが。

もう少し見た目に拘りたい人は、デスクマットの柔らかいのを試してみてはいかがでしょう?
ホームセンターとかで計り売りしてるやつです。

こんなもん論外じゃって方は、audio-technica AT-HPS550あたりを大人しく買って下さい。

こんな記事書いといてなんですが、私はK&M 16085を買う予定です。

追記

2014/10/14追記
ヘッドホンホルダーを購入して、レビューを書きました。
K&M 16090 ヘッドホンホルダーのレビュー

お役に立ったら、シェアをお願いします

6 件のコメント

  • オーディオには縁のなかったのですが、とあるきっかけでヘッドフォンに興味を持ち、散々悩んだ挙句に先日やっとAKGのQ701を購入しました。購入してから気が付いたのが保管方法。ちゃんとしたヘッドフォンスタンドのあまりの値段の高さに驚きました。そこで見つけたのがこちらのサイト。ダイソーにこんな商品があるとは知りませんでした。まだヘッドフォンスタンドを買うか、それともワインスタンドを買うか結論は出ていませんが、もしワインスタンドが思ったよりも良い商品ならば一度試してみたいと思います。

    • コメントありがとうございます。
      ワインスタンドは安いですが、普通に使用出来ています。

      ただ、重量が軽いので、稀に風になびいたカーテンで倒れる事があります。

      これはヘッドホンにも良くないので重しを付けるか、ちゃんとしたヘッドホンスタンドを買うかした方が良いかもしれません。

      現在の私は、Brainwavz Peridotというヘッドホンスタンドを買おうか迷っている所です。

  • ダイソーのワインスタンドですが、自宅から数駅の範囲にあるダイソーを数件訪れて探しましたが、何処も置いていませんでした。そこで昨日、都内で最大級の品揃えを誇る錦糸町駅前のダイソーに行き、店員さんにワインスタンドのことを聞くと「取り扱っています」との返事。こちらのサイトでワインスタンドの存在とヘッドフォンスタンドの代用可能という事実を知ってからだいぶ遠回りをしましたが、ここでようやく実物を拝めることとなりました。ところが、この日は品切れ。実物を手に取るのは次回来店時までお預けとなりました。
    話は変わりますが、ブレインウェイブスのペリドットというヘッドフォンスタンドは私がヘッドフォンスタンドという商品の存在を知り、購入を考えた時に散々迷った挙句に購入の第一候補に上がり、購入寸前までいった機種でした。しかし、ネット情報で私の所有するAKGのQ701のような「セルフアジャスト機能の付いたヘッドフォンにこのようなΩ型スタンドを使用すると常にアジャスト機能のゴム部分に負荷がかかることとなり、この機能の寿命を縮める」と書かれていました。そこで、秋葉原にある「e-イヤホン」というヘッドフォンの専門店に行き、店員さんにこのことを尋ねてみると、このネット情報は本当だと言われました。また、これに加え「Ω型やI型スタンドはヘッドフォンのイヤーパッド(耳に当たるスポンジ)部分の下部に常に負荷がかかるのでイヤーパッドのへたりが早く進むのであまりおすすめしません」と言われました。このことからこのヘッドフォンスタンドの購入を諦めた経緯があります。(購入前の参考になればと思います)

    • コメントありがとうございます。

      そういう事があるのですね。
      負荷の事は全く考えていなかったので、勉強になりました。

  • 前回の書き込みのその後を書きたいと思います。
    あれから何度かダイソー錦糸町店を訪れましたが、「ワインラック」(私、今までずっと商品名を「ワインスタンド」と間違って覚えていました)はずうっと品切れしたままなので残念ながら未だ実物をお見たことがありません。余程人気のある商品なのか、それともこちらのサイトを読んだ人達がヘッドフォンスタンドとして利用するためにこの商品が入荷したらすぐに買って行ってしまっているのかどちらかわかりません。早く実物を見てみたいのですが、いつになったら店頭に並んでいるのを見られるのか見当が付きません。

    • コメントありがとうございます。

      記事を読んだ人が買った為に売り切れたというのは、流石に無いでしょう。

      単純にニッチな商品だから、取り扱っている店舗が少ないだけかと思います。
      ワインラックを買う方が、100均で探すとは考えにくいですし。

      早く製品に出会えると良いですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)