【メチャ速】 SSD TURBO BOOSTを試してみた(その後)

PCソフトウェアのアイキャッチ

【メチャ速】 SSD TURBO BOOSTを試してみたを書いてから10日程経ちました。

動画編集や他の作業は非常に快適です。
しかし、ちょっとした不具合が出ています。

スポンサーリンク

不具合内容

カスペルスキーインターネット セキュリティ 2014がクラッシュする。
詳しく言うと、定義データベースが破損していますと表示され、正常動作しなくなる。

通常こうなった場合、アップデートを再度行い問題を解消します。
残念ながら、それでは治らず、カスペルスキーを再インストールするハメに。

再インストール後、ちょっとの間は問題無いのですが、しばらくすると再度クラッシュ。
この10日で3、4回クラッシュしています。

対策(結果待ち)

Super Drive PFBの設定を変更しました。
キャッシュディスクの反映時間は、RAMDISKのまま。
変えたのはWindows起動時の指定です。

デフォルト設定の90秒から120秒に。

Super Drive PFBの設定

しばらくこの設定で様子見です。
結果が出たら、追記か新しい記事で報告します。

追記

2014/02/06追記
120秒でも定義データベースがクラッシュしたので、180秒に設定して試験運用中です。

2014/02/13追記
180秒に設定してから1週間、今のところクラッシュしていません。
とりあえず、このままの設定で運用していきます。

2014/02/14追記
昨日、様子見と追記しましたが、本日定義データベースがクラッシュしました。
RAMDISKでの常用は難しい様なので、設定を変更しました。

キャッシュのディスク反映時間を超高速(5秒)に、遅れて機能を有効にするを90秒(初期値)に変更。

超高速(5秒)設定でのベンチマーク結果
SuperDrive PFB設定後(超高速5秒)のベンチマーク

RAMDISK設定の時とほとんど変わらないベンチマーク結果です。
また、これで様子見をしたいと思います。

2014/02/16追記
今回は早々に、定義データベースが破損しました。
PFBコントロールで超高速(4秒)90秒(初期値)遅延に変更して試験運用を開始。

2014/02/18追記
クラッシュしたので設定を変更。
超高速(3秒)90秒(初期値)遅延で試験運用開始。

2014/02/20追記
またまたクラッシュしました。
超高速(2秒)90秒(初期値)遅延に設定変更。

2014/02/28追記
設定変更から1週間経っていたので、大丈夫かもと思っていたのですが、またまたまたクラッシュ。
高速(1秒)90秒(初期値)遅延で試験運用開始しました。

2014/03/05追記
高速(1秒)設定でもクラッシュ。
残念ながら、私の環境ではヘビー設定での運用は無理なようです。
スタンダード設定に変更しました。

SSD TURBO BOOST関連記事