エックスサーバーでPHPバージョンが勝手に切り替わる問題への対策

その他のアイキャッチ その他

エックスサーバーを使用していると、勝手にPHPのバージョンが変わってしまうことがあります。
この記事では、その原因と対策方法を紹介します。

WordPressを使っている人は、以下の様なメッセージが表示されて気付くことが多いでしょう。
サーバーの PHP バージョンは 5.1.6 ですが WordPress 3.8.1 は 5.2.4 以上のみでご利用になれます。

スポンサーリンク

原因

PHPバージョンが変わってしまう原因は、ズバリ.htaccessの上書きです。

もっと正確言うと、最初から置いてある.htaccessにPHPバージョンの設定が記載されていて、それを上書きしてしまうことでエックスサーバーのデフォルト設定である、PHP5.1.6に戻されてしまう。となります。

対策方法

対策、解決方法は、最初に有ったPHPバージョンの設定を新しい.htaccessに記載すること。
記載の方法は2種類。

記載方法 その1(手動)

まず.htaccessをダウンロードして、テキストエディタで開きます。
そして以下の2行を先頭にでも記載します。(最終行でも構いません)

suPHP_ConfigPath /home/XXXXXXXX/YYYYYYYY.com/xserver_php/
AddHandler x-httpd-php5.3 .php .phps

“XXXXXXXX”にはサーバーID、”YYYYYYYY.com”にはドメイン名が入ります。
“x-httpd-php5.3″にはPHPのバージョンが入ります。※使えるバージョンを要確認。
この3ヶ所は自分の環境に合わせて書き換える必要があります。

記載方法 その2(半自動)【推奨】

PHPバージョンの再設定を行う。

エックスサーバー ServerPanelのPHP Ver.切替で再設定を行うと、現在public_html直下に存在している.htaccessに自動でPHPバージョン設定情報が書き込まれます。

(その1で書き込んだ2行と同一、ただし先頭と最終行にバラける場合があります)
設定後に.htaccessをダウンロードして確認して下さい。

注意点

その1、その2ともに、新しく設定する際は.htaccessをダウンロードして編集、そしてアップロード、上書きという流れをとって下さい。

全く新規の.htaccessを上書きする場合に、上の2行を追加し忘れると設定が飛びます。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク