PCI Express 3.0有効化パッチを試してみた

自作PCのアイキャッチ

NVIDIAからリリースされているPCI Express3.0有効化パッチを使って、PCIe3.0とPCIe2.0で差が出るのか比較してみました。
効果検証にはベンチマークソフトの3D Mark Fire Strike、Heaven Benchmark 4.0を使用。

このパッチが有効なのは、Geforce 600 Series + X79マザーボード + SandyBridge-E CPUの組み合わせだけです。

i7 3970X,3960X,3930K,3820の場合のみ、PCIeの動作が2.0に制限されています。
IvyBridge-Eでは最初からPCIe 3.0で動作するので、パッチは必要ありません。

スポンサーリンク

PCI Express3.0有効化パッチの導入方法

注)このパッチは無保証なので自己責任で。

PCIe 2.0で動作しているかを確認する

GPU-Zをダウンロードして起動。
ダウンロードはこちら。

画像赤枠部分がPCI-E 2.0となっていればOK。

PCI-E 2.0動作確認

パッチのダウンロードとインストール

まず、NVIDIAパッチ配布ページを開きます。
force-enable-gen3.exe をクリックしてダウンロード。
適当な所に保存してください。

PCI Express 3.0有効化パッチのダウンロード

保存したforce-enable-gen3.exeをダブルクリック。
一瞬コマンドプロンプトの窓が開きます。
窓が閉じたら再起動して下さい。

PCIe 3.0で動作しているかを確認する

再起動後、GPU-Zを起動。
赤枠部分ががPCI-E 3.0となっていればOKです。
なっていない場合はBIOSでGen.3に設定する必要があるかもしれません。

PCI-E 3.0動作確認

ベンチマーク結果

今回のベンチマークは、i7 3930K + Asrock Fatal1ty X79 Champion + EVGA GTX680 Classifiedで計測しました。
※下の表の1080pは1920×1080、1440pは2560×1440の解像度を表します。
Fire Strikeは共に1080pです。

PCI-E 2.0 PCI-E 3.0
Fire Strike Default 6987 6999
Fire Strike Extream 3470 3475
Heaven Benchmark 1080p 1894 1897
Heaven Benchmark 1440p 1032 1034

総評

ベンチマーク結果は完全に誤差の範囲です。
何度かベンチマークを試してみると2.0動作が上回る場合もありました。

2.0と3.0動作で差が出ないのは、GTX680程度ではPCIe 2.0の帯域さえも使い切れていない事が理由です。
2.0の帯域を使い切る性能のビデオカードでなければ、3.0にこだわる必要はありません。
※ちなみにGTX690でも差が出ない様です。

よってPCI Express3.0有効化パッチは、現状では必要なし
PCIe 2.0の帯域を食い潰すビデオカードが普及帯になる頃には、きっとCPU+MBを買い替えているでしょうし、パッチの出番は今後もないかもしれません。